マレーシアGP

/ News

  • マレーシアGP - 金曜フリー走行2回目

ハミルトンが再び最速

M.S.
2012年3月23日
初日の両セッションを制したハミルトン © Sutton Images
拡大
関連リンク

今年で14回目のグランプリ開催を数えるマレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットにて2012年FIA F1世界選手権第2戦マレーシアGPが開幕し、23日(金)日本時間15時から金曜フリー走行2回目が実施された。

現地時間午前に行われたフリー走行1回目ではマクラーレンのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークし、レッドブルのセバスチャン・ベッテルが2番手。メルセデスのニコ・ロズベルグとミハエル・シューマッハが3番手と4番手に続いた。

熱帯性の雨が予測されるマレーシアの週末だが、このセッション開始時の天候は曇り、気温30度、路面温度46度のドライコンディション。ピットレーンオープンと同時にコースに出たティモ・グロック(マルシャ)に続いて各車ガレージを後にし、早速タイム計測が始まった。

序盤には1分41秒台でマーク・ウェバー(レッドブル)が最速タイムをマークするも、姉妹チームであるトロ・ロッソのジャン-エリック・ベルヌとダニエル・リカルドが1分40秒台に乗せる。開始から10分の時点では18名がタイムを記録し、1分39秒台に突入したシューマッハがトップに立っていた。

午前にトップタイムを記録したマクラーレンが始動すると、ハミルトン、ジェンソン・バトンの順番で暫定の1-2体制を築く。遅れてプログラムを開始したフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が2人の間に割って入ったものの、すぐにベッテルがアロンソの2番手タイムを塗り替えた。ひと通りタイムが出揃った時点で上位勢はハミルトン、ベッテル、アロンソ、バトン、シューマッハとなり、全員が1秒以内のところにつけている。

トロ・ロッソ勢は開始から30分を待たずにいち早くソフト側のミディアムコンパウンドを投入。リカルドがハミルトンのトップタイムをわずかに上回り、ベルヌも3番手に飛び込んだ。さらに、同じくミディアムを装着したウェバーが3番手タイムをたたき出してピットに戻っている。

次第にミディアムコンパウンドでのプログラムに移るマシンが増えていき、残り1時間を切ったところで19番手ロマン・グロージャン(ロータス)が10番手へジャンプアップ。アロンソがリカルドに次ぐ2番手に浮上した。

セッションが折り返し地点を迎えたところで午前トップのハミルトンがハードコンパウンドで1分38秒816を刻んで再びタイムシートの頂点へ。トップ5にはハミルトン、リカルド、アロンソ、ウェバー、ベルヌの名が並んだ。

コース上ではハミルトンが自己ベストを塗り替える一方、チームメイトのバトンもハード側のタイヤで2番手につける。1分38秒533をマークしたシューマッハがマクラーレンの2人をおさえて最速タイムを塗り替えたのに続いて僚友のロズベルグが4番手に飛び込み、シューマッハ、ハミルトン、バトン、ロズベルグ、リカルドのオーダーでセッションは残り30分を迎えた。

その後バトンがシューマッハまでわずか0.002秒差の2番手に迫ると、ハミルトンが全体のトップタイムを更新。この時点でトップから12番手までが1秒以内のところにつけていた。ミディアムに履き替えていたハミルトンは自己ベストを縮めてライバルたちをさらに引き離す。

残り時間が少なくなると初日最後の作業に取り組むマシンでコース上は混み合った。レッドブル勢はハードコンパウンドで作業を締めくくっている。

結局ハミルトンのベストタイムは破られないままチェッカーフラッグが振られ、1分38秒172を記録したハミルトンが午前に続いて2回目のセッションをも制した。2番手以降にはシューマッハ、バトン、ロズベルグ、リカルド、アロンソ、ウェバー、ベルヌ、グロージャン、ベッテルがトップ10に入っている。

ザウバーの小林可夢偉のタイムは14番手だった。

マレーシアGP土曜フリー走行は24日(土)日本時間14時からスタート予定。お楽しみに!

© ESPN Sports Media Ltd.