マレーシアGP

/ News

  • マレーシアGP - 金曜フリー走行1回目

ハミルトンがトップ、ベッテル2番手

M.S.
2012年3月23日
再び速さを見せたマクラーレン © Sutton Images
拡大
関連リンク

開幕戦からわずか一週間にしてF1サーカスは次の戦いの地であるマレーシアに集結し、23日(金)日本時間11時からセパン・インターナショナル・サーキットにて2012年FIA F1世界選手権第2戦マレーシアGP金曜フリー走行1回目が行われた。

先週末に第1戦オーストラリアGPを制したのはマクラーレンのジェンソン・バトン。シーズンの幕開けに伴って少しずつ序列が見えてきたものの、パドックの面々は高速コーナーを備えた常設サーキットであるセパンでより確かな力関係が見えてくると期待する。

ピレリはタイヤに厳しいこのサーキットにハードコンパウンドとミディアムコンパウンドの2種類のドライタイヤを用意。また、このセッションではウィリアムズのブルーノ・セナに代わってリザーブドライバーのバルテリ・ボッタスがステアリングを握った。

セッション開始時の天候は晴れ、気温29度、路面温度34度のドライコンディションだった。ピットレーンオープンと同時にセルジオ・ペレス(ザウバー)、ジャン-エリック・ベルヌ(トロ・ロッソ)、ヘイキ・コバライネン(ケータハム)がコースへと向かう。他車もそれに続き、間もなくすべてのドライバーがシステムチェックを終えた。

しばらくしてタイム計測が始まり、開始から30分の段階では8名がタイムを残してロータスのキミ・ライコネンが1分39秒台でトップに立っている。チームメイトのロマン・グロージャンもプログラムを開始したが、リアの異変を訴えてスローダウン。そのままゆっくりとピットへと戻っていった。

セッション中盤にかけてミハエル・シューマッハ(メルセデス)、ルイス・ハミルトン(マクラーレン)、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)といったワールドチャンピオンたちが最速タイムを塗り替え、前半部分が終了した時点でハミルトンが再びトップに。フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)とシャルル・ピック(マルシャ)を除く22名がタイムを残し、1分37秒台目前のハミルトンからベッテル、ニコ・ロズベルグ(メルセデス)、シューマッハまでの4人が1分38秒台に入れている。

一方、HRTのナレイン・カーティケヤンがコース上でストップし、一時イエローフラッグが振られた。

多くのライバルたちがいったんガレージへと戻っていくのと入れ違いに、ロータスはトラブルのあったグロージャンを再度コースへと送り出し、グロージャンはシューマッハに次ぐ5番手タイムを記録する。アロンソも始動したものの、タイムは15番手にとどまった。

残り35分では路面温度が40度に突入。トップ5はハミルトン、ベッテル、ロズベルグ、シューマッハ、グロージャンで変わらず、6番手マーク・ウェバー(レッドブル)に次いでライコネンが7番手だった。唯一ノータイムだったピックは残り15分の段階でガレージを後にし、22番手タイムを残している。

その後、コース上に見えるマシンの数は少なくなっていたものの、残り10分を切ると多くの陣営がこのセッション最後の走行へと向かう。しかし、自己ベストを更新するドライバーはなく、中盤に1分38秒021をマークしたハミルトンがこのセッションのトップに立った。

2番手からはベッテル、ロズベルグ、シューマッハ、グロージャン、ウェバー、ライコネン、ポール・ディ・レスタ(フォース・インディア)と続き、開幕戦ウイナーのバトンが9番手。バトンのマシンにはオイル漏れがあった模様で、ガレージで作業が続けられていた。ザウバーの小林可夢偉は14番手タイムを記録している。

マレーシアGP金曜フリー走行2回目はこのあと日本時間15時からスタート予定。お楽しみに!

© ESPN Sports Media Ltd.