マレーシアGP

/ News

契約を更新するかどうかは政府の意向にかかっている © Sutton Images
拡大

2015年まで結んでいる現在の契約以降もマレーシアがF1カレンダーに残るかどうかはまだ分からないという。

ヘルマン・ティルケ設計のセパン・インターナショナル・サーキットがグランプリデビューを果たしたのは1999年のこと。

しかし、サーキットのラズラン・ラザリCEOは21日(水)、2016年のレースが開催されるかどうかについて明言はできないと述べた。

「われわれは皆それを望んでいると提言することはできるが、首相が昨年発表した通り、決定は内閣が下す」と彼は『New Straits Times(ニュー・ストレーツ・タイムズ)』に語った。

セパンは昨年、コンサルタントの『PricewaterhouseCoopers(プライスウオーターハウスクーパース/PWC)』に、マレーシアGPがもたらす経済的影響の分析を依頼している。

「PWCからもう1年時間をかけて、今年のイベントについて分析するよう勧められた」とラザリ氏は打ち明けた。

さらに、政府の一部が年1回のレースプロモーションついてあまり熱心ではないと彼はこぼした。

「全ての大臣が前向きなわけではない」

© ESPN Sports Media Ltd.