マレーシアGP

/ News

  • マレーシアGP

アロンソとハミルトンにペナルティ

Kay Tanaka
2011年4月10日 « ウィットマーシュがFOTA会長を継続 | 処分を受け入れるハミルトンとアロンソ »
ハミルトンとの接触後、ノーズ交換を余儀なくされたアロンソにもタイム加算ペナルティ © Sutton Images
拡大

マレーシアGP決勝レース終了後、ルイス・ハミルトン(マクラーレン)とフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)にそれぞれ20秒加算のタイムペナルティが科された。

結果的に7位から8位に後退したハミルトンは、レース中のバトルで1回しか許されていない走行ライン変更を複数回行ったことで罰せられた。アロンソは46周目にハミルトンをオーバーテイクする際に接触した件についてペナルティを受けたが、タイム加算後も最終結果の6位に変動はない。

両者はレース後、ピットレーンのドライブスルーに相当するペナルティとして20秒加算のタイムペナルティを与えられた。

これにより、小林可夢偉(ザウバー)は8位から7位に浮上。ハミルトンと可夢偉以外に順位の変動はない。

© ESPN Sports Media Ltd.