マレーシアGP

/ News

  • マレーシアGP - 決勝

ベッテルがフェラーリで初優勝!

M.S.
2015年3月29日
メルセデスの支配体制を崩して見せたベッテル © Sutton Images
拡大

今年で17回目のF1開催を迎えたセパン・インターナショナル・サーキットにて、29日(日)日本時間16時から2015年FIA F1世界選手権第2戦マレーシアGP決勝が実施された。

前日に行われた予選はQ2開始直後にセパンにつきものの激しい雷雨がサーキットを襲った上、Q3では微妙な路面コンディションの変化でタイヤチョイスが命運を分け、やや波乱含みの展開となった。トリッキーな状況で変わらぬ強さを発揮したメルセデスのルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得し、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが2番手。2列目にはニコ・ロズベルグ(メルセデス)とダニエル・リカルド(レッドブル)が並んだ。

なお、予選8番手のロマン・グロージャン(ロータス)はQ2開始前にピットレーンに並んだマシンの列に割り込んだとされ、スチュワードによって2グリッド降格のペナルティが科された。

また、Q1トップタイムから107%以内に入ることができなかったマノー・マルシャの2台には決勝参加を認めるとの判断が下されたものの、燃料システムのトラブルによって予選で走行できなかったウィル・スティーブンスは、その問題が解決できなかったために、決勝のグリッドにつくことができなかった。

サーキットは1周5.543km、決勝レースは56周で行われる。今週末に使用されるドライタイヤにはピレリのミディアムコンパウンドとハードコンパウンドが選ばれた。レーススタート時の天候は晴れ、気温33度、路面温度61度、湿度44%のドライコンディションだった。

第1スティントのタイヤにハードを選んだのは17番グリッドと18番グリッドに並ぶジェンソン・バトンとフェルナンド・アロンソのマクラーレンコンビ。フォーメーションラップを終えた19台がグリッドに戻り、シグナルオフの時を待った。

レースがスタートすると3番手ロズベルグがベッテルに迫ったが、ここはベッテルがポジションを死守。ウィリアムズのフェリペ・マッサがレッドブルとトロ・ロッソを1台ずつかわして5番手に上がった。一方、ロータスのパストール・マルドナドとQ2落ちを喫して11番手スタートだったキミ・ライコネン(フェラーリ)は他車との接触でパンクチャーを喫してしまう。

1周目が終わったところで上位を走っていたのはハミルトン、ベッテル、ロズベルグ、ダニエル・リカルド(レッドブル)、マッサ、ダニール・クビアト(レッドブル)、ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)、マーカス・エリクソン(ザウバー)。それに次ぐ9番手フェルスタッペンはロータスのロマン・グロージャンにかわされ、2人のポジションが入れ替わった。

2周目に入ったところでザウバーのフェリペ・ナッサーがピットイン。ナッサーはスタート直後にライコネンと接触してウイングにダメージを追った模様だ。ライコネンは1周目の終わりにピットインするタイミングを逃し、左リアタイヤを失ったマシンをいたわりながらピットを目指した。

3周目、前を行くヒュルケンベルグにしかけたエリクソンがコース外に飛び出し、グラベルにはまって身動きがとれなくなる。ここでセーフティカーが出動したのを見て、メルセデス勢はハミルトンとロズベルグのダブルピットインを敢行し、タイヤをハードに交換して2人をコースに送り返した。

ライバルたちも続々とピットインを実施し、トップ10はベッテル、ヒュルケンベルグ、グロージャン、カルロス・サインツ(トロ・ロッソ)、セルジオ・ペレス(フォース・インディア)、ハミルトン、リカルド、マッサ、ロズベルグ、クビアトというオーダーで落ち着いた。上位6名はタイヤ交換せずにコースにとどまった面々だ。

セーフティカーは6周目の終わりで戻り、バトルが再開する。隊列を縫って前を目指した6番手ハミルトンは11周目に2番手に抜け出し、10秒ほど前方のベッテルを追いかけ始める。相棒のロズベルグは15周目にハミルトンの後方に戻った。トップ10でハードを履いていたのはメルセデス勢のみだ。

15周目にサインツとライコネンがピットイン。続けて16周目にヒュルケンベルグとグロージャンがタイヤ交換を終え、いまだピット作業を行っていないのはトップのベッテルと11番手のペレスのみになった。その2人が18周目にピットへ向かい、ハミルトンがリードを取り戻す。

これでトップ5はハミルトン、ロズベルグ、ベッテル、マッサ、ボッタスという並びになった。1回目のタイヤ交換でハードをチョイスしたメルセデス勢は2ストップでチェカーを目指す。マクラーレン・ホンダの2台は一時ポイント圏内に浮上していたが、マシントラブルが発生したアロンソは23周目にガレージでコックピットを離れた。

ハードタイヤを使用する義務を残すベッテルは22周目にロズベルグをかわし、目覚ましい勢いで先頭のハミルトンに迫った。タイヤが厳しい状態になっているハミルトンは24周目の終わりにベッテルにかわされると、そのまま戦略を変更してミディアムタイヤに交換。チェッカーまでのどこかの段階で、もう1度ピットストップする戦略だ。

後方ではヒュルケンベルグ、リカルド、クビアトの3人がポイント圏内の最後のポジションをかけて競り合っていたが、26周目にリカルドがヒュルケンベルグと接触してコースオフしてしまう。リカルドはヒュルケンベルグの前に出たものの、フロントウイングに問題を抱えている様子で、しばらくの間ヒュルケンベルグとのポジション争いを続行した。

それぞれのマシンで戦略がばらけているものの、中盤を過ぎてライコネンが4番手まで浮上していた。ベッテルはハミルトンに17秒ほどの大差を築き、そのさらに13秒後方にロズベルグ、そこから10秒遅れでライコネンという布陣だ。

ヒュルケンベルグはクビアトとの接触を引き起こしたとして10秒のストップ・アンド・ゴーペナルティを科される。チームメイトのペレスもグロージャンとの接触で同じペナルティの対象となった。

35周目にライコネンがピットへ向かい、7番手でコースに復帰する。僚友ベッテルは36周目の終わりに最後のピットストップを終え、ロズベルグの鼻先で戦列に戻った。残りは18周、ベッテルがハミルトンを狙ってプッシュし始めたところでハミルトンもタイヤを交換する。

その後ハードからミディアムに履き替えたロズベルグがコース復帰したところでベッテル、ハミルトン、ロズベルグ、ライコネン、マッサ、ボッタス、サインツ、フェルスタッペン、リカルドというオーターに。ロズベルグとフェルスタッペンは装着したばかりのミディアムタイヤ、他の面々はハードタイヤでチェッカーを目指した。

残り13周の段階でベッテルはほぼ同じタイミングでハードを履いたハミルトンに13秒の差をつけているも、周回遅れをかわしていかなければならない位置にいた。ハミルトンとロズベルグの差も同じ程度だが、ミディアムを履くロズベルグは猛然とハミルトンを追い始めている。

隊列の後方を走るバトンはパワー不足を訴えながら何とか走行を続けていたが、41周目にマシンをガレージに収め、マクラーレン・ホンダは無念のダブルリタイアとなった。

チェッカーフラッグまで10周を切ったところでトロ・ロッソのルーキーコンビがポジション争いを繰り広げ、17歳のフェルスタッペンが前に出て7番手、20歳のサインツが8番手に下がった。

52周目、序盤に接触しながらも走り続けてきたマルドナドがピットでレースを終えることを選び、このレース4人目のリタイアとなった。

トロ・ロッソ同様、ウィリアムズのマッサ対ボッタス、レッドブルのリカルド対クビアトも激しいバトルを展開する。クビアトが先輩のオーバーテイクに成功すると、ボッタスもハードな攻防の末にマッサを料理した。

その前方ではベッテルがついにトップチェッカーを受け、ファンの大歓声を受けると同時に自分も歓喜の叫びを上げた。ハミルトンとロズベルグのメルセデスデュオが表彰台フィニッシュを果たしている。

4位ライコネン以降はボッタス、マッサ、フェルスタッペン、カインツ、クビアト、リカルドまでがポイントを獲得。11位グロージャンからナッサー、ペレス、ヒュルケンベルグ、メルヒまでが完走を遂げた。

F1サーカスは引き続きアジアをめぐり、第3戦の舞台である上海へ向う。中国GP最初のセッションである金曜フリー走行1回目は4月10日(金)日本時間11時スタート予定。次戦もお楽しみに!

© ESPN Sports Media Ltd.