マレーシアGP

/ News

  • マレーシアGP - 決勝

ベッテルが完勝でレッドブルが1-2! 可夢偉またもリタイア

Kay Tanaka
2010年4月4日 « 共通KERSがF1をおもしろくする? | "人生でもっともタフなレース"と嘆くアロンソ »

4日(日)日本時間17時から2010年F1世界選手権第3戦マレーシアGP決勝レースが、セパン・インターナショナル・サーキットで行われた。レース周回数は56周、レース距離310.408kmで争われた。

前日に行われた公式予選はウエットコンディションとなったが、レッドブルのマーク・ウェバーが今シーズン初ポールポジションに輝いた。2番手にはニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)、3番手にセバスチャン・ベッテル(レッドブル)がつけている。小林可夢偉(BMWザウバー)は初めてQ3に進出し、レースは9番グリッドからスタートすることとなった。一方、マクラーレンとフェラーリは天候予測を失敗し、後方グリッドに甘んじた。

レーススタート時のコンディションは晴れ、気温32℃、路面温度40℃。ダミーグリッドに向かう際、ペドロ・デ・ラ・ロサ(BMWザウバー)にエンジントラブルが発生し、レースをスタートできなかった。

ブリヂストンは今週末のバーレーンGPにソフトコンパウンド(ソフトタイヤ)とハードコンパウンド(ハードタイヤ)という2種類のドライタイヤを持ち込んだ。今回は予選でウエットトラック状態が宣言されていたため、Q3進出マシンも好みのコンパウンドを装着してスタートができる。上位の多くのマシンはソフトタイヤでスタートした。

レースがスタートし、3番手のベッテルがトップに浮上! ウェバーが2番手、ロズベルグ3番手、ロバート・クビサ(ルノー)が4番手で続き、可夢偉は10番手にポジションを落とした。後方では20番手スタートのルイス・ハミルトン(マクラーレン)が13番手、フェリペ・マッサ(フェラーリ)が14番手、フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が15番手、ジェンソン・バトン(マクラーレン)が16番手にポジションを上げた。

4周目にはホームストレートエンドでハミルトンが可夢偉をかわし、10番手に。一方、マッサ、アロンソ、バトンらは13番手のセバスチャン・ブエミ(トロ・ロッソ)をかわすことができない。後方ではティモ・グロック(ヴァージン)とヤルノ・トゥルーリ(ロータス)が接触し、スピンを喫した。ハミルトンは6周目にヴィタリー・ペトロフ(ルノー)をオーバーテイクしたが、ペトロフも譲らない。8周目になんとかハミルトンが前に出た。

そして9周目、11番手走行中の可夢偉のマシン後方から白煙が・・・。デ・ラ・ロサに発生したものと同じエンジントラブルかもしれず、ここでレース終了となってしまった。10周目には6番手を走っていたミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)がスローダウン! こちらもトラブルが発生したようで、コース脇でマシンを降りた。

先頭ベッテルは12周目に入り、2番手ウェバーに1秒差をつけて走行中。ウェバーから3番手ロズベルグまでは4.5秒差がついている。すると7番手のリウッツィが大きくスローダウン。これでベッテル、ウェバー、ロズベルグ、クビサ、エイドリアン・スーティル(フォース・インディア)、ヒュルケンベルグ、ハミルトン、ペトロフ、アルグエルスアリ、ブエミまでがトップ10となり、マッサ、アロンソ、バトンが続いた。

13周目の終わりにはヒュルケンベルグとペトロフが同時ピットイン。いずれもハードタイヤに履き替えてコースに戻った。すでにバトン、バリチェロ、コバライネンもタイヤ交換を終えている。リウッツィはなんとかピットまで戻ったが、そこでガレージにマシンを収めた。

視界が開けた6番手ハミルトンはファステストラップをマークして8秒前にいるスーティルを追ったが、レッドブル勢もペースを維持し、2番手ウェバーが3番手ロズベルグに7秒差を築いた。ブエミがピットストップを行ったことによりマッサが8番手に浮上したが、目の前には同じトロ・ロッソのアルグエルスアリ。しかしアルグエルスアリが19周目終わりにピットに入り、マッサが7番手、アロンソが8番手に浮上した。

23周目の終わりには先頭ベッテルがピットイン! なんとかハミルトンの前でコースに戻ることに成功し、優位に立った。ウェバーも次の周にピットに入ったが、こちらは右フロントタイヤを装着した後にホイールガンが外れなくなり、数秒のロス。これにより、3番手でコースに戻った。

その後マッサやハミルトンもピットストップを行ったが、5番手まで浮上したアロンソはなかなかピットに向かわない。ピットイン後にマッサをかわすことを狙っていたのだろうが、マッサがピットアウト直後にファステストラップをマークしたこともあって、もはやマッサをかわすことは不可能な状況となった。

32周目にはハミルトンが1分37秒745というファステストラップをたたき出し、6番手のスーティルに迫った。しかし1分40秒台で周回しているスーティルもなんとか抑える状況。37周目の終わりにはアロンソがピットに入り、マッサから11秒後方でコースに戻った。

6番手のハミルトンがスーティルに抑えられているのと同様に、8番手のマッサも7番手バトンをなかなか抜けない。その間に9番手のアロンソはファステストラップをたたき出し、マッサとのギャップを3.6秒に縮めた。

その後マッサがバトンをターン1の飛び込みでオーバーテイク! これで7番手マッサ、8番手バトン、9番手アロンソという序列に変わった。一方、5番手スーティルはハミルトンを0.6秒後方に従えて50周目に入った。

アロンソはバトンの真後ろにつけるものの、なかなかバトンをオーバーテイクできない。どうやらダウンシフトにトラブルを抱えているようで、ブレーキングでバトンの懐に飛び込めないのだ。55周目のターン1で思い切ってバトンのインに飛び込んだアロンソだったが、しっかり減速できず。その影響もあったのかアロンソのエキゾースト周辺からは白煙が上がり、アロンソは失速。そのまま大きく煙を吐き出してコース脇にマシンを止め、リタイアとなった。

ベッテルはそのままポジションを守り、トップチェッカー! ウェバーも続き、レッドブルが今シーズン初の1-2フィニッシュを果たした。3位にはロズベルグが続き、メルセデスGPに初表彰台をプレゼントした。

4位以下はクビサ、スーティル、ハミルトン、マッサ、バトン、アルグエルスアリ、ヒュルケンベルグまでがポイント圏内。ブエミ、バリチェロ、アロンソ、ルーカス・ディ・グラッシ(ヴァージン)、カルン・チャンドック、ブルーノ・セナ(ともにHRT)、ヤルノ・トゥルーリ(ロータス)までが完走となっている。

リタイアは7台でその中には可夢偉やシューマッハ、リウッツィ、ペトロフという上位入賞の可能性があったドライバーたちが含まれている。

ファステストラップはレース終盤の53周目にウェバーがマークした1分37秒054だった。

第4戦となる中国GPは2週間後に開催される。最初のセッションとなる金曜フリー走行1回目は16日(金)の日本時間11時からスタート予定だ。

© ESPN Sports Media Ltd.