マレーシアGP

/ News

  • マレーシアGP

マレーシアGP金曜日の記者会見パート2

Jim
2010年4月2日 « マレーシアGP金曜日の記者会見パート1 | ミラー変更ルールの施行はスペインGPが濃厚 »
FIA公式記者会見に出席したフェルナンデス © Sutton Images
拡大

マレーシアGP初日セッション終了後、ロータスのトニー・フェルナンデス(チーム代表)とヘイキ・コバライネン、フォース・インディアの最高技術責任者(COO)を務めるオットマー・サフナウアーとビタントニオ・リウッツィが記者会見に臨んだ。

Q: トニー(フェルナンデス)、テスト制限などにより新たに参戦する4チーム(実際は3チーム)にとってはいろいろと厳しい状況です。初戦では2台とも完走しているとおっしゃるでしょうし、この結果はそれほど悪くないのかもしれませんが、この先、新チームがより多くを走り込み、より競争力を持てるように、また新しいドライバーたちがレースの先頭を走るドライバーの行く手を邪魔しないようにするためにも、新チームに対しては免除があるべきだと思われますか?

トニー・フェルナンデス: テストに関して言えば、文字通り、われわれにはそれをする時間がなかった。もしFIAに"もっとテストをしてもいいですか?"と聞けば、彼らは認めてくれただろうと思うが、われわれの場合、単に時間との戦いだった。新チームが既存チームに対して、私がそれ以上を認められるべきだと思うか? ではこう言おう、4セッションがあったとする。われわれはあと2、3のセッションを認められるべきか? 正直、悪くないと思う。われわれは50年や60年の経験があるチームと戦うのだ。実際、ヴァージンのある人と話していたのだが、もし来年新しいチームがやって来るのであれば、前進することが名案かもしれない、と。彼らが望むのなら、私は悪い考えではないと思う。減速しようが何をしようが、ドライバーについてはすべてFIA次第であり、彼らのライセンスシステムによる。彼らがドライバーにスーパーライセンスを与えるのであれば、そのドライバーは競争を認められたわけで、競争してしかるべき。つまりはそういうことだと思う。減速やその他のことも、すべてレースではないのかい? 減速するドライバーは常にいる。オーバーテイクしなければならないのだ。周回遅れにしなければならず、私はそれらすべてがレーシングだと思っている。ゆえに、F1に長くいるわけではない素人の私としては・・・(続きは携帯サイトで!)

携帯サイト『F1-Live.com MOBILES』ではマレーシアGPで開かれるすべての記者会見の全文を配信! F1最新ニュースをイチ早く、さらに盛りだくさんの内容でお送りするF1-Live.com MOBILES(月額315円)で、ぜひF1シーズンをご堪能ください。

携帯サイトURL⇒http://k.F1-Live.com/m

i-mode: メニューリストスポーツモータースポーツ

EZweb: トップメニューカテゴリで探すスポーツその他

Y! ケータイ: メニューリストスポーツF1・モータースポーツ

公式twitter URL: http://twitter.com/F1_Live_com

QR Code

© ESPN Sports Media Ltd.