30秒ごとに更新されます

灼熱のマレーシアでの熱戦を終えたF1サーカスは2週間後に中国・上海で再集結します。シーズン第3戦中国GPは4月10日(金)に開幕。金曜フリー走行1回目のセッションは日本時間11時よりスタート予定です。それではまた次回、中国GPでお会いしましょう!

56周目

ベッテルがファイナルラップに入りました。フェラーリにとってもベッテル自身にとっても久々の勝利に向けてひとつずつコーナーを回っていきます。

大歓声が轟く中、ベッテルがトップチェッカー!

ハミルトンが2位、ロズベルグが3位でゴールしています。4位にはベッテルの相棒ライコネンが入りました。

5位以下、ボッタス、マッサ、フェルスタッペン、サインツ、クビアト、リカルドまでがポイント獲得。トロ・ロッソの若きルーキー2人が見事入賞を果たしています。

11位以下、完走はグロージャン、ナッサー、ペレス、ヒュルケンベルグ、メルヒでした。マノー・マルシャのメルヒは3周遅れながらも最後まで走り抜いています。

55周目

残る2周でボッタスの逆転なるか!? マッサは必死に防御しながら、それでもプッシュしています!

ターン1にかけてボッタスがサイド・バイ・サイドに持ち込む! しかし、マッサがうまくそれを防いでポジションキープ!

それでも諦めずに仕掛け続けたボッタスがターン6でついにマッサを攻略しました!

54周目

古巣レッドブルの2台を周回遅れにしたフェラーリのベッテルはハミルトンとの差を10秒にキープ。

レッドブルのチームメイト対決はクビアトのオーバーテイクで決着しましたが、ウィリアムズはまだボッタスがマッサを追いかけています。

53周目

ウィリアムズとレッドブルがそれぞれにチームメイト対決を繰り広げています。5番手を走るマッサにボッタスが迫り、9番手のリカルドにクビアトが接近中。

さらに、リカルドを追い抜くチャンスを伺うクビアトの後ろにベッテルが近づいてきました。

クビアトがリカルドの前に出、レッドブル勢はベッテルに道を譲ります。

52周目

4度のチャンピオンに輝いたベッテルはフェラーリドライバーとして初の優勝に向け、しっかりとレースをコントロールしているように見えます。

全コメントを読む: レース 予選 フリー走行3 フリー走行2 フリー走行1
 
  • ニコ・ロズベルグを追うキミ・ライコネン(マレーシアGP/セパン、2015年3月29日) フェルナンド・アロンソ(マレーシアGP/セパン、2015年3月29日) 先頭でフィニッシュラインを通過するセバスチャン・ベッテル(マレーシアGP/セパン、2015年3月29日) ルイス・ハミルトン(マレーシアGP/セパン、2015年3月29日)
  • パルクフェルメでホイールを手に立ち上がるセバスチャン・ベッテル(マレーシアGP/セパン、2015年3月29日) グラベルにつかまったマシンから降りるマーカス・エリクソン(マレーシアGP/セパン、2015年3月29日) マレーシアGP決勝のスタートシーン(マレーシアGP/セパン、2015年3月29日) タイヤを失ったまま走行するキミ・ライコネン(マレーシアGP/セパン、2015年3月29日)
  • セルジオ・ペレスとポジションを争うジェンソン・バトン(マレーシアGP/セパン、2015年3月29日) ダニエル・リカルドのマシンから飛び散るブレーキダストとスパーク(マレーシアGP/セパン、2015年3月29日) パストール・マルドナド(マレーシアGP/セパン、2015年3月29日) リタイアしてパドックに戻ってきたフェルナンド・アロンソ(マレーシアGP/セパン、2015年3月29日)