30秒ごとに更新されます

メルセデスがタイトルスポンサーであるペトロナスのホームレースで1-2フィニッシュを達成した今週末。次のグランプリの舞台はバーレーンです。

シーズン第3戦バーレーンGPは4月4日(金)に開幕。金曜フリー走行1回目のセッションは日本時間20時よりスタート予定です。それではまた次回、バーレーンGPでお会いしましょう!

56周目

ハミルトンがファイナルラップに入りました。チームはいかなるリスクも避けるよう注意喚起します。

ハミルトンが最終コーナーを立ち上がってきます・・・!

そしてトップチェッカー! ハミルトンが今季初勝利を挙げました!

さらにロズベルグが2位でフィニッシュ。メルセデスにとっては初めて1-2です!

3位でゴールしたのはレッドブルのベッテル。4位アロンソ、5位ヒュルケンベルグ、6位バトン、7位マッサ、8位ボッタス、9位マグヌッセン、10位クビアトがポイント獲得です。

マッサは結局チームオーダーに従わずポジションを守り切りました。

ケータハムの可夢偉は13位で完走。チームメイトのエリクソンも14位でチェッカーを受けました。

55周目

さらに入賞をかけたバトルも繰り広げられています。12番手のライコネンがグロージャンに接近。グロージャンの約3秒前には10番手のクビアトがいます!

ファステストを刻んだハミルトンに対して、少しペースを抑えるように指示したメルセデス。

そしてウィリアムズのチームメイト対決はマッサがボッタスに道を譲らずポジションは変わりません!

54周目

6番手のバトンに対してウィリアムズの2台が猛攻中! マッサにはボッタスのペースの方が速い、と無線連絡。チームメイトを抑え込まないよう指示が飛んでいます!

53周目

直線で必死に前を狙うアロンソ・・・! 最終コーナーはヒュルケンベルグが先行しました。続くピットストレートはサイド・バイ・サイド! ターン1でアロンソがインを突く! ヒュルケンベルグも簡単には抜かせません! ターン3でバトルに決着。制したのはアロンソでした!

52周目

ハミルトンが3回目のタイヤ交換を完了してコースに戻ります。ポジションはもちろん先頭。

レッドブルはリカルドをリタイアさせることにしたようです。マシンをガレージに入れます。

コース上ではアロンソがヒュルケンベルグをロックオン!

全コメントを読む: レース 予選 フリー走行3 フリー走行2 フリー走行1
 
  • セバスチャン・ベッテルをリードするダニエル・リカルド(マレーシアGP/セパン、2014年3月30日) トラブル後、ピットに戻されたダニエル・リカルド車の作業に励むレッドブルクルー(マレーシアGP/セパン、2014年3月30日) F1 Beauty in マレーシアGP(マレーシアGP/セパン、2014年3月30日) 1-2フィニッシュを祝うメルセデス(マレーシアGP/セパン、2014年3月30日)
  • レース後の雰囲気を楽しむキミ・ライコネンファン(マレーシアGP/セパン、2014年3月30日) ルイス・ハミルトンのレースエンジニアであるアンディ・ショブリンにシャンパンをかけるニコ・ロズベルグ(マレーシアGP/セパン、2014年3月30日) ロマン・グロージャン(マレーシアGP/セパン、2014年3月30日) フェルナンド・アロンソに接近するニコ・ヒュルケンベルグ(マレーシアGP/セパン、2014年3月30日)
  • 表彰台でのルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグ(マレーシアGP/セパン、2014年3月30日) ピットウオール前を通過するフェルナンド・アロンソ(マレーシアGP/セパン、2014年3月30日) レース前のフェルナンド・アロンソ(マレーシアGP/セパン、2014年3月30日) フェルナンド・アロンソの前を行くダニエル・リカルド(マレーシアGP/セパン、2014年3月30日)