Lotus F1

/ News

2013年はブーリエの期待に応えたいグロージャン © Sutton Images
拡大
関連リンク

ロータス代表のエリック・ブーリエによると、荒々しい2012年シーズンを過ごしたロマン・グロージャンがシートを維持できたのは"継続性"を求めたロータスのニーズがあったからだという。

今季、数々のアクシデントに絡んできたグロージャンは"クラッシュドライバー"と呼ばれるなど多くの注目を浴びていた。

そのグロージャンを交代させるべきかどうか、チームオーナーのジェラルド・ロペスと共に熟考したブーリエはスイスの『Speed Week(スピード・ウイーク)』に最終的にグロージャンの続投を決断した理由を問われ、「レーシングチームにおいては継続性が重要な要素なのだ」と返答。

「ドライバーを変えれば不安がつのる。ここ数年に渡りフェラーリやレッドブル、マクラーレンなどトップチームがドライバーの組み合わせを変えていないことを考えれば分かること。これは偶然ではない」

「ドライバーとチームのワーキングメソッドを結合させるには時間もかかるしエネルギーも費やす」

来年も引き続きキミ・ライコネンの相棒を任されることになったグロージャンが適任者だと判断した理由については「結束、勇気、速さ、新鮮さ」を挙げたブーリエ。

「それに彼がしっかりと成長すればグランプリウイナーだけでなく、世界チャンピオンにもなれると思っている。われわれが望む形で彼が成長できれば、トップ5に入るF1ドライバーになるはずだ」

グロージャンは一戦の出走停止処分を受けることになったスパでのアクシデントを含め、2012年は多くのミスを犯してきたが、ブーリエは「世界チャンピオンだってミスはする。たとえ滅多にないとはいえ、ね。私はただ、ロマンにシーズンの初戦から競争力を発揮してもらいたいだけだ」と述べている。

© ESPN Sports Media Ltd.