Lotus F1

/ News

  • ロータス

ロータス、グロージャン残留を発表

Jim
2012年12月18日 « グロージャン、「ミスが自分を成長させる」 | 可夢偉、来季のレースシートを断念 »
2013年もロータスに残留することになったグロージャン © Sutton Images
拡大
関連リンク

ロータスは2013年のレースドライバーとしてロマン・グロージャンの起用を発表し、来年もグロージャンがキミ・ライコネンのパートナーを務めることが決まった。

発表が遅れていたことからグロージャンが交代させられるのではないかとの見方もあったが、17日(月)夜になってチームはグロージャン残留を正式に公表している。

「ロマンはとても優秀で、彼がわれわれと共に2年目のシーズンに挑むことになって私たちもうれしい」と語るのはチーム代表のエリック・ブーリエ。

「ロマンとキミのように2人の並外れたドライバーを継続して起用できるので、2012年の強さを基に、この先のシーズンでは今まで以上に優れた結果につながるはずだ。両ドライバーは共に協力し合いながらチームメイトとしての一年目を過ごしており、次のシーズンはもっと素晴らしいことができると考えている。2012年は定期的に表彰台に上れた。このトレンドを2013年にもつなげたい」

グロージャンはスパ・フランコルシャンの一戦でスタート直後の大事故を引き起こし、続くイタリアGPで出走停止処分を受けたものの、2012年シーズンを通して3回の表彰台を記録している。来年はチームの信頼に応えたいと意気込むグロージャンはこう話した。

「2013年もロータスF1チームと一緒にやれるのは僕にとってものすごいこと。エンストンの皆のサポートを得られることは最高だと思っている。オーストラリアのサーキットに乗り込むときには彼らの信頼に応えられるよう楽しみにしている。F1で初めて挑んだフルシーズンはたくさんのことを学んだ。僕の目標はそのレッスンを糧に、来年はコース上でさらに強くなってより一貫したパフォーマンスを披露すること」

「エンストンの舞台裏では多くのエキサイティングな開発が行われている。E21の見通しに関してはとても興奮している。すでにシート合わせも済んだし、新車の製造に携わっている人全員とも話した。マシンに乗り込むのが待ち切れないね」

© ESPN Sports Media Ltd.