Lotus F1

/ News

  • ロータス

予選で自信を持ったグロージャン

M.S.
2012年10月6日 « ベッテルに叱責処分 | 4番手を狙えたとライコネン »
路面改善と共に力が増すというグロージャン © Sutton Images
拡大
関連リンク

予想を上回る予選だったというロータスのロマン・グロージャンは日本GPでいいレースができるとの自信を見せた。

最高でも6番グリッドだろうと予想していたロータスだが、グロージャンは予選5番手につけ、ジェンソン・バトン(マクラーレン)がギアボックス交換で5グリッド降格になるために4番グリッドからレースをスタートする予定だ。金曜日のフリー走行で実施したロングランの結果は励みとなるものであり、グロージャンはレッドブルの2台についていくことも可能だと自信を見せ、週末が進むにつれてマシンが良くなっていると語った。

「コバヤシ(可夢偉/ザウバー)の前にだって出られたかもしれないね。あのラップはこれまででベストではなかったけれど、僕らは昨日と比較して最高でも6番手だと考えていたのに5番手につけることができた。だから、自分たちが最高だと考えていたものより一步先にいる」

「(ロングランのペースは)昨日、とても興味深い感じだった。正直言ってすごく良かったんだ。僕はレッドブル勢に続いていて、多かれ少なかれ似たようなスピードだった。だからそれは利点だし、明日にいいスタートができれば彼らに着いていって何ができるか見てみたい。ロングランでも彼らの方が少し速かったと思うけど、路面が改善していく中で何が起こるかは誰にも分からないし、僕らの弱点は路面が良くなればなくなっていくはずだ。だから、たいていは僕らにとってそれはいい点だ」

タイヤの摩耗がレースで重要なファクターになるかとの問に、グロージャンはすでに問題を抱えたチームがいくつかあると認め、次のように話している。

「あり得るだろうね。ここではタイヤにかかる力がとても大きく、タイヤをいかに使うかを慎重に考える必要があるし、僕らはブリスターやそれに近いものを少し見てきた。明日はそれにあまりわずらわされず、影響が大きくないよう願っている」

© ESPN Sports Media Ltd.