Lotus F1

/ News

2012年のF1に素早く順応したライコネン © Sutton Images
拡大
関連リンク

ロータスはキミ・ライコネンがヘレスでたった2日間テストしただけで新車になじんだその速度に感銘を受けた。

2年間ラリーに参戦した末に復帰を果たしたライコネンは、先週のヘレスで初めて新車の感触を味わった。テスト初日に最速タイムをたたき出したライコネンのアプローチすべてが極めて印象的だったと、チーフエンジニアのアラン・パーメインが語っている。

「F1にはただ単に一周をまとめ上げる以上の恐ろしく多くのものがあり、それが一人のチャンピオンを作り上げる。そういったものや、彼がいかに良いかということがキミには見て取れるのだ。ロングランを通していかにマシンを使うか、どのようにタイヤをケアするかといったことだ。彼はこれらのタイヤでドライブしたことがなかったが、たった2日間で彼はタイヤを理解し、ケアするために自らのドライビングを変えている。彼はマシンで多くのことを感じ取っているのだ」

ライコネンに昨年チームが求めていたリーダーとしてのポテンシャルがあるか尋ねられ、パーメインはこう返答している。

「ワールドチャンピオンであること、それを遥かに凌ぐものなどない。リーダーについて、そしてわれわれがリーダーを必要としているかについての質問は難しい。私が思うに、ドライバーとは彼が役目を果たし、そしてわれわれが彼に応えられるときにリーダーになるのだろう。そのときに彼は自分が何を求めるか言うことができるのであり、われわれはそれを彼にもたらし、そしてまた彼が役目を果たすことで応えるのだ。われわれは信頼をお互いに築いていく。それがリーダーになるということだと私は思う」

「これまでのところ、すべてがうまくいっているように思う。もちろんアップダウンはあるだろう。われわれは期待をはるかに越える黄金の一週間を過ごした。それは当然、ずっと続くわけではない。そうできれば素晴らしいだろうが、実際は良いときも悪いときもある。それがわれわれを試すのであり、人々の人格がどれほど強いかが見られるときだろう」

パーメインはさらにライコネンのリクエストが非常に詳細にわたるものでありながらも、"素晴らしい"フィードバックでそれに報いてくれると付け加えた。

「彼はとても働きやすい人物だ。実際のところ、とても、極めて働きやすく、まったく不平を言わない。彼のフィードバックは素晴らしく、大変多くの時間を費やしてエンジニアと物事を検討し、データを見て、何を望むかわれわれに伝えてくれるのだ。私の見る限り、彼は第一にわれわれが彼に与えたクルマに満足であると同時に、彼がここへ来たときに注文したタイプのステアリングやシート、シートベルトといったいくつかの品々にも満足している。われわれは彼の望んだブレーキ素材も用意しており、彼はすべてを得たのだ。彼はとてもハッピーな男だと思う」

© ESPN Sports Media Ltd.