Lotus F1

/ News

  • キミ・ライコネン

ライコネン、旧知のエンジニアを召還

Me
2012年2月7日 « 車高調システム禁止にいら立つロータス | ヘレステスト初日午前:2月7日 »
希望のエンジニアをチームに呼び寄せ、"満足"と語ったライコネン © Lotus F1 Team
拡大

今年F1復帰するキミ・ライコネンがなじみのレースエンジニアをチームに呼び寄せたことが分かった。

フィンランドの『Turun Sanomat(トゥルン・サノマット)』と『MTV3』によると、2007年のワールドチャンピオンが指名したのはマーク・スレイドだという。

最近までメルセデスGPでミハエル・シューマッハのエンジニアを務めていたスレイドは、ライコネンのマクラーレン時代に彼とタッグを組んでいた。

『Turun Sanomat』によると2人の仕事始めは開幕戦前のバルセロナ最終テストからになるとのこと。

「僕が彼を希望したんだ。望みがかなって良かったよ」とライコネンはコメントした。

© ESPN Sports Media Ltd.