Lotus F1

/ News

  • イギリスGP - ルノー - 初日

コンディション変化に備えるルノー

Jim
2020年8月1日 « アルファ・タウリ、改善できれば「もっと力を出せる」 | 新パーツの方向性に満足するフェルスタッペン »
© Will Oliver / POOL / AFP
拡大

31日(金)に実施されたシーズン第4戦イギリスGP金曜フリー走行2回目のセッションでルノーのダニエル・リカルドが9番手、エステバン・オコンは12番手のタイムを残した。

最初のフリー走行ではオコンとリカルドが7番手と8番手に並んだ。

ダニエル・リカルド

「ここはファンの存在をものすごく感じる場所のひとつだから、ファン不在でドライブするのはかなり違った感じがする。ドライブするには楽しいコースだから、高速区間を楽しんだ。僕らの走行に関してはいくらか有望な兆候があったけど、僕の方はマシンの一貫性が少し足りなかった。満足のいく走行もあったから、いろいろやっていかないとね。いつも通り、集団の中ではかなり接戦だ。明日は気温が下がりそうだから、かなり変わってくるかもね」

エステバン・オコン

「まずまずの1日だった、と思う。新しいアップデートを試したり、高速コーナーがたくさんある超高速コースでマシンの感触をつかんだりできたのは良かった。暑さや相当な強風というトリッキーなコンディションでマシンをテストできたのはおもしろかった。全体として、今日はかなり順調だったけど、明日の予選までにあと少しペースを引き出せるはず。データを確認して大事な明日に備えるよ」

キエロン・ピルビーム(チーフレースエンジニア)

「今日は非常に暖かく、風の強い1日だったので、誰しもが終始、マシンとタイヤの挙動に影響を受けていた。今朝のセッションはまずまず率直であり、セットアップオプションをいろいろと試した。エステバンの午後のセッションはスムーズだったものの、ダニエルはそれほど順調ではなく、タイヤセットの1本をカットしてしまい、後半のセッションでできることが限られてしまったのだ。ショートランとロングランの両方で良いデータを得られているので、今夜はそれらを確認し、残りの週末に向けて準備していく。今日、試したアップグレードはうまく機能しているようだ。ここから先はかなり涼しくなりそうだし、土曜日はウエットの可能性もある」

© ESPN Sports Media Ltd.