Lotus F1

/ News

  • メキシコGP - ルノー - 決勝

ルノー、厳しい週末もダブル入賞

Nobu / Me
2019年10月28日 « ピレリ、「さまざまな戦略が機能した」 | ハードタイヤに苦戦したマクラーレン »
© Mark Thompson/Getty Images
拡大

27日(日)に開催されたシーズン第18戦メキシコGP決勝レースでルノーのダニエル・リカルドとニコ・ヒュルケンベルグは8位と10位で入賞を果たした。

ヒュルケンベルグはファイナルラップのスタジアムセクションでダニール・クビアト(トロ・ロッソ)にぶつけられてクラッシュを喫したが、この一件でクビアトに10秒のタイムペナルティが科されたため、10位完走でポイントを手に入れている。

ダニエル・リカルド

「ポイントを取れたのは良かった。ペレス(レーシング・ポイント)をパスしていればもっとポイントが取れたけど、どうしても抜き切れなかった。ターン1で攻めたけど、ちょっと遅すぎたかもしれない。ハードタイヤでのスタートはとてもうまくいって、そのおかげでレースの残りを組み立てることになった。2台ともポイント圏内に戻ってこられて上出来の日だよ。チームにとっては厳しい週だったから、彼らとこの士気の高さを誇りに思う。僕らはすぐに結束を強めることができた。この結果を喜ぼう。でもまた前に進んで頑張らないと」

ニコ・ヒュルケンベルグ

「今日は絶対にもっといい結果が欲しかったから、1ポイントしか取れなかったのは残念だ。ピットインするのが早すぎたかもしれない。レースの後半ではリズムに乗ろうとしてクルマと格闘していた。最終コーナーの事故についてはあまり言うことはない。9番手を走っていたが、グリップはなく、ダニール(クビアト/トロ・ロッソ)に押されてあっという間にスピンしてしまった。追加のポイントを逃してしまって残念だ」

シリル・アビテブール(マネジングディレクター)

「毎週末、状況は変化するように感じるが、スクリプトはずっと変わっていない。われわれは予選の弱さをアグレッシブな戦略選びや堅実な実行によってレースでひっくり返している。スタートでの自由なタイヤ選択にも助けられ、今日もその1例を実践できた。もう少し良くなる可能性もあったのだが、ダニエルはペレス(レーシング・ポイント)とクリーンなレースを繰り広げた一方で、クビアト(トロ・ロッソ)はニコに対してそれよりはるかにダーティーな戦い方でガスリー(トロ・ロッソ)を助けていた。それもレースだろうが、私は自分たちのことに集中することを好む。予選の状況の中でドライバーたちは目覚ましい働きによってベストな結果を出し、レースでもタイヤを持たせてくれた。ガレージの人々も土曜日午前中の問題に対処する素晴らしい仕事をした。とにかく今は、われわれのポテンシャルをむしばむものを全て取り除き、コース内外で手ごわいライバルたちを楽にする機会を一掃しなければならない」

© ESPN Sports Media Ltd.