Lotus F1

/ News

  • シンガポールGP - ルノー - 初日

トップ8をキープしたヒュルケンベルグ

Me / Jim
2019年9月21日 « ピレリ、「大きなサプライズはなし」 | ベースラインに自信を見せるラッセル »
© Lars Baron/Getty Images
拡大

シーズン第15戦シンガポールGPが開幕した20日(金)、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグとダニエル・リカルドは2回目のフリー走行を8番手と12番手で終えた。

初回セッションはヒュルケンベルグが6番手に食い込み、リカルドは11番手のタイムを残している。

ダニエル・リカルド

「今日は悪くなかったよ。ショートランではもう少し見つけるものがあるけど、あまり心配していない。割と簡単にペースを見つけられると分かっているんだ。ほんのちょっとしたことなんだよ。ロングランの方はもう少しポジティブだった。クルマは確実にいい状態だけど、あとは僕がそれを全部まとめるだけ。今夜はそれに取り組んで、データを分析する。ニコは今日ずっとトップ10に余裕で入っていたから、クルマのポテンシャルがそこに表れている。ここはモンツァよりトリッキーになると分かっていたけど、僕らはそれほど悪い状態じゃない」

ニコ・ヒュルケンベルグ

「シンガポールはいつもトリッキーだ。忙しいサーキットですごく湿気が多い。燃料が少ない時の走行はすごく落ち着いた感じで、クルマにいいリズムがあり、自分のしたいことができた。ロングランは今の段階だと少しチャレンジングで、FP2では少し苦戦した。それについては調査して、何が起きているのか確かめる。それ以外は大きな問題もなく、まずまずの金曜日だった。予想通り今週末はタイトになりそうだけど、僕らにはポイントを争えるコンペティティブなパッケージがある」

マルチン・ブコウスキー(エグゼクティブディレクター)

「チームにとっては生産的な金曜日だった。特に大きなトラブルなく、予定していた通りにプログラムを終えている。ソフトタイヤではまずまずのペースがあり、予選に向けて良い形になりそうだ。ここではロングランが厄介になりがちで、タイヤを最後まで持たせるのが重要になってくるだろう。実際に採用するにあたっては当然ながら予選タイヤとポジションによってくるが、適切な戦略を特定するため、データを分析していく。2台とも接近するだろうし、Q3進出を目標とする予選ではコンペティティブなバトルになりそうだ」

© ESPN Sports Media Ltd.