Lotus F1

/ News

  • イタリアGP - ルノー - 予選

好ペースで3列目を確保したルノー

Nobu / Me
2019年9月8日 « ピレリ、天候変化の予報から「対応の難しい週末」 | 「ミスの代償を払った」ライコネン »
© Emmanuele Ciancaglini/NurPhoto via Getty Images
拡大

7日(土)に実施されたシーズン第14戦イタリアGP予選でルノーのダニエル・リカルドとニコ・ヒュルケンベルグは5番手と6番手に並んだ。

土曜フリー走行でもリカルドは5番手に入り、ヒュルケンベルグは7番手タイムを刻んでいる。

ダニエル・リカルド

「3列目をロックできたから、チームにとって素晴らしい予選だった。今日はやること全てがうまくいったし、そのおかげでいい結果がついてきた。僕はQ3でいいラップができた。この週末はしっかりトップ6に入っている。ちょうどスパと同じように、夏休み明けから僕たちは調子がいいからうれしいね。最後は誰も先頭に出たがらなくて、みんながサイド・バイ・サイド状態だった。誰もが他人にトウを与えたがらなかったその結果だよ。それでも5番グリッドは本当に素晴らしい」

ニコ・ヒュルケンベルグ

「結果には満足しているけど、もう少し良くなったかも。大丈夫だったけど、ターン1でロックしてしまいQ2のリズムを失ったから、自分をリセットする必要があった。予選の最後は明らかにちょっとした修羅場だった。でもここではトウの影響が大きく、コーナーでは到底稼げないコンマ数秒相当になる。だから最後はちょっとしたゲームをした。全てのクルマが団子状態になっているのは変だったね。今日の僕たちは非常に力強いペースがあったから、日曜日はポイントを獲得しないとね」

アラン・パーメイン(スポーティングディレクター)

「自分たちの予選リザルトには非常に満足している。スパの時と同様に、マシンはよく機能しており、5番手と6番手のポジションはペースに見合った報酬だ。明日はやや気温が下がり、不安定になるという予報だが、レースはドライになると考えている。どのようなコンディションにも備えておく。金曜日のプラクティスセッションで見たレースペースは良かったので、明日は力強いレースと2台のマシンによる相応のポイント獲得を期待している」

© ESPN Sports Media Ltd.