Lotus F1

/ News

  • US GP - ルノー - 初日

雨天用セットアップに満足するルノー勢

Me
2018年10月20日 « ウエット走行に自信を見いだすエリクソン | 高速区間が印象的とアロンソ »
© Clive Mason/Getty Images
拡大

シーズン第18戦US GP初日に実施された2回目のフリー走行でルノーのニコ・ヒュルケンベルグは5番手につけるも、カルロス・サインツは2周のインストレーションラップのみでタイムを残していない。

初回セッションはサインツが7番手、ヒュルケンベルグは18番手にとどまった。

ニコ・ヒュルケンベルグ

「午前中は正しいバランスとハーモニーが得られなかったから、午後に走って自分たちの変更が正しい方向だったことを確認できて良かった。今日のようなコンディションでドライブするのはすごく楽しいんだよ、テレビではどんよりした感じにしか見えないだろうけどね。ここオースティンでは以前に極端な天気の変化も見てきたから、残りの週末がどうなるかは見ものだね」

カルロス・サインツ

「午前のセッションではクルマに満足していて、まずまずのラップをまとめることができた。FP2の終わりのコンディションも似たような感じで、僕はアウトラップとインラップだけやっていくつかのものをテストし、情報を集めた。明日は面白くなるよ。たぶんウエットになると思うから、ドライバーたちにとってはいいチャレンジだ。すごく楽しみにしている」

ニック・チェスター(シャシー担当テクニカルディレクター)

「FP1では数回の走行を完了し、FP2では各1回ずつ走行して、ウエットとインターミディエイトタイヤの両方を使用した。インターミディエイトタイヤではウエット用のセットアップ作業をいくらか終えることができた。走行時間の多くは有効な走りをするには水が多すぎたが、両ドライバーはそれぞれベースのウエットセットアップには満足して1日を終えている」

© ESPN Sports Media Ltd.