Lotus F1

/ News

  • 日本GP - ルノー - 決勝

1点をもぎ取ったサインツ

Jim
2018年10月7日 « フォース・インディア、鈴鹿でW入賞を達成 | 鈴鹿で1-2、完勝したメルセデス »
© Toshifumi KITAMURA / AFP
拡大

7日(日)、シーズン第17戦日本GPに挑んだルノーのカルロス・サインツはポイント圏外から10位フィニッシュを果たしたものの、ニコ・ヒュルケンベルグはトラブルでリタイアした。

ニコ・ヒュルケンベルグ

「僕らは今日、他とは違う戦略にトライした。16番手からミディアムタイヤでスタートしたんだ。ソフトタイヤを履いている人たちと比べてもまずまずのペースを見せることができたけれど、僕らのスタートした位置からだとどうしたって厳しい戦いになる。ミディアムをもうちょっと長くもたせることができると思っていたんだ。そして、ピットストップの後にリアで何かがおかしい感触があって、マシンをリタイアさせなければならなかったのは残念だった。今日はポイントが取れなかったけれど、カルロスとチームは素晴らしいレースをしたから、チャンピオンシップ争いのすごく大事なときにいい成果が出たね。シーズンが終わるまで、たくさんのハードワークがあることは分かっているけれど、僕らは今も懸命に戦っている」

カルロス・サインツ

「今日は楽しかったし、チームはすごくポジティブなレースをした。僕らはしっかりとスタートを決めてポイントの手前までいき、最後にいくつかのオーバーテイクを決めなきゃならなかった。ここでの1ポイントは13番手からスタートしてできる中で最高の結果だったから、僕らにとってはすごく強力なリザルトだ。チームは全てをとてもうまくやり遂げた。戦略、ピットストップ、全部がうまくいった。今週末は問題に直面していると知っていたから、得点できたのは本当に価値のあることだし、最後の4レースに向けてここから積み上げていかなくちゃ」

シリル・アビテブール(チーム代表)

「今日はチームにとって重大な結果だ。ソチの後、この段階の開発において自分たちのレースペースがコンペティティブであるというさらなる証拠になった。また、レッドブル・レーシングがこういった路面コンディションで2番手を争っており、鈴鹿のようなハイパワーセンシティブなサーキットでも、このパワーユニットがレースコンディションで素晴らしいパフォーマンスを発揮する力を持っていることを示せたと思っている。カルロスはレースを通して力強く戦い、最後の1点をもぎ取ろうとあきらめずに走ったが、ニコは残念ながらリタイアせざるを得なかった。何を修正すべきなのかは明らかであり、予選のペースを改善しなければならない。7番手と14番手でスタートするのでは、小さな違いが大きな役割を果たす。ここを乗り越える必要があるのは間違いなく、自分たちにもっと適したサーキットでは本来のいるべき場所にマシンを戻さなければならない」

© ESPN Sports Media Ltd.