Lotus F1

/ News

  • バルセロナテスト - ルノー - 最終日

エイトケンがルノーR.S.18を初ドライブ

Jim
2018年5月17日 « 大量のデータ収集に励んだクビサ | 午前にゲラエル、午後からガスリーが走行 »
© Urbanandsport/NurPhoto via Getty Images
拡大

バルセロナテスト最終日の16日(水)、ルノーのプログラムを担当したジャック・エイトケンは128周を走破し、1分18秒942のベストタイムを記録した。

ジャック・エイトケン

「今日は近代F1マシンを初めてドライブし、本当にすごい経験だった。今朝、かなりスムーズにスピードに乗れたから、こんなに素早くマシンに順応できるなんて少し驚いた。プログラムがたくさんあって、忙しい1日だったけどね! プログラムはかなりうまくいって、チームも僕も1日を通してたくさんのことを学んだ。全体として、たくさんのラップを走って分析用のデータも大量に集められたし、最高の1日だったから、満足している」

アラン・パーメイン(スポーティングディレクター)

「昨日と同じようなプログラムに取り組み、唯一の違いはジャックがマシンに乗り込んだ点だ。午前のセッションで素早くスピードに乗ると、一貫した走りで非常に良いフィードバックをもたらしてくれた。1日が進むにつれて、さまざまなタイヤコンパウンドを履いた走行に取り組み、異なる長さのスティントを試したり、通常の空力テストやメカニカルテストのアイテムも評価したりした。全体として今日も生産的だった」

© ESPN Sports Media Ltd.