Lotus F1

/ News

  • バルセロナテスト - ルノー - 初日

ルノー、パフォーマンス改善に向けて集中

Jim
2018年5月16日 « ローランドが121周を走破 | ゲラエル、トラブルで50周しか走れず »
© Xavier Bonilla/NurPhoto via Getty Images
拡大

15日(火)、カタロニア・サーキットでルノーのテスト作業に取り組んだカルロス・サインツは119周を走り込み、2番手タイムを記録した。

カルロス・サインツ

「忙しい日だったけど、僕にとってもチームにとっても生産的な1日だったのは確かだ。一番の焦点は大量のテストアイテムを試して評価し、マシンからさらなるパフォーマンスを引き出す方法を探ること。この数日は忙しかったし、大量のラップを走り込んだから、僕らの進歩にきっと役立ってくれるはずだ」

アラン・パーメイン(スポーティングディレクター)

「今日は広範囲に及ぶプログラムに取り組み、カルロスがしっかりと、また一貫性をもって作業にあたってくれた。パフォーマンスを最大に得られる場所を確認するため、マシンに多くのエレメントをつけて調べている。199周を走破した生産的な1日だったので、そこから取り組んでいくデータも大量にあるし、ジャック・エイトキンがR.S.18の初走行に臨む明日を楽しみにしている」

© ESPN Sports Media Ltd.