Lotus F1

/ News

  • バルセロナテスト - ルノー - 初日

ルノー、「全体的には生産的な1日」

Jim
2018年3月7日 « マシンに対する理解と自信を深めたペレス | トロ・ロッソ、ブレーキ問題で午後は走れず »
© Jerry Andre/Sutton Images
拡大

バルセロナで第2回プレシーズンテストが始まった6日(火)、ルノーは2人のレースドライバーと共にプログラムに取り組んだ。

午前のセッションを担当したニコ・ヒュルケンベルグは49周を走行し、午後にドライブしたカルロス・サインツは91周を走破している。

ニコ・ヒュルケンベルグ

「今朝の自分の走行について話すことはあまりない。49周を走り込んだけど、最初のランでシャシーにいくつかトラブルがあったんだ。特に大問題だったわけじゃないし、少なくともみんながすぐに快勝してくれている。明日の午後の走行はしっかり走れたらいいな」

カルロス・サインツ

「午後はかなり走り込めたし、風があってかなりトリッキーだったけど、マシンについての理解は進歩した。ただ、セットアップはまだ取り掛かったばかりだし、先週のことを考えれば今日はまともに走れた初日だ。個人的にはマシンの感触が良いし、しっかりと走り込めたのは最高だと思っている。明日の午前に、マシンの別のエリアに関してみんなと作業するのが楽しみだ。もっと改善できると確信している」

ボブ・ベル(最高技術責任者/CTO)

「午前はいろいろあって確認のために何度かマシンをガレージに入れなければならなかったので、ニコが走った午前は望んでいたほどのマイレージを稼げていない。午後にはうまく巻き返し、カルロスがレース距離を走ってくれた。何度かの赤旗で中断されたものの、レース距離を走破できたのでその点は満足できる。全体として生産的な1日だった」

© Mark Sutton/Sutton Images
拡大
© ESPN Sports Media Ltd.