Lotus F1

/ News

  • メキシコGP - ルノー - 予選

予選結果をレースに生かしたいルノー

Kohei Saito / Jim
2017年10月29日 « レースのセットアップに集中したマクラーレン | ガスリーとハートリーにエンジントラブル »
© Manuel Goria/Sutton Images
拡大

現地時間28日(土)に実施されたシーズン第18戦メキシコGP予選でルノーのニコ・ヒュルケンベルグとカルロス・サインツはそろってQ3に進み、8番手と9番手につけた。

土曜フリー走行はサインツが9番手、ヒュルケンベルグが10番手のタイムを残している。

ニコ・ヒュルケンベルグ

「良い予選だった。Q3最後のラップはかなり良かったのですごくハッピーだし、それについては満足している。明日は接戦になると思うけど、ハードにプッシュしてベストを尽くすつもりだ」

カルロス・サインツ

「今日は僕自身にとってもチームにとっても良い1日だったし、オースティンから進歩を続けているのでとても満足している。予選はトリッキーだったけれど、昨日からかなり前進して、今日はマシンにさらなる自信を感じられた。明日は良いレースをするのが目標だ」

アラン・パーメイン(スポーティングディレクター)

「すべてのランが計画通りに行き、今日はわれわれにとってかなり率直な予選だった。Q1を1セットだけで突破しようと試みて、楽にそれができたので、残りのセッションではそれぞれ2セットずつを使った。セッションを通してずっと2人のドライバーが互いをプッシュし合っている姿を見るのはいいものだ。2台そろってQ3に進むことが目標だった。8番手と9番手のスタートなので明日にいくらかポイントを獲得するには好ポジションにつける」

© ESPN Sports Media Ltd.