Lotus F1

/ News

  • ケビン・マグヌッセン

モンツァは大丈夫とマグヌッセン

Me
2016年8月29日 « マグヌッセンの無事を喜ぶパーマー | 「複雑なリザルト」とマノー »
© Andre/Sutton
拡大

スパ・フランコルシャンで大きなクラッシュを起こしたケビン・マグヌッセンだが、来週末のイタリアGPには出場するつもりのようだ。

マグヌッセンはベルギーGPの6周目にスパの有名なオー・ルージュを登り切ったところでクラッシュを喫した。彼のルノーはラディオンと呼ばれる2つ目のエイペックスで縁石に乗り上げて挙動を乱し、彼は出口でスライドを修正できなかった。

マシンはクラッシュバリアに激しく衝突し、マシンはばらばらに壊れたが、ドライバーのいる安全セルは無事だった。マグヌッセンは自ら歩いて現場を立ち去ったが、足首に軽い切り傷があったとのことで、念のための検査を受けるために病院へ向かった。

病院を出たマグヌッセンは帰路の様子を画像付きでツイートし、9月2日(金)にモンツァで開幕するイタリアGPには出るつもりだとコメントしている。

「みんな、たくさんのメッセージをありがとうね! これから帰るところ。足首は少し痛むけど、モンツァの準備は大丈夫」

© ESPN Sports Media Ltd.