Lotus F1

/ News

  • ハンガリーGP - ルノー - 決勝

初ポイントを逃したパーマー

M.S.
2016年7月25日 « トロ・ロッソ、中団争いの激化を実感 | 最初から厳しい戦いだったとザウバー »
© Goria/Sutton
拡大

ルノーのジョリオン・パーマーとケビン・マグヌッセンは24日(日)に開催されたシーズン第11戦ハンガリーGP決勝を12位と15位でゴールした。

ケビン・マグヌッセン

「今週末のマシンは間違いなく感触が良くなっていた。最初のスーパーソフトタイヤではかなり良いスティントができたんだ。うまくケアして、あのセットでかなりの周回数を走った。残念なことに、それもスタートで失敗していくつかポジションを落とした後のことだったんだけど。週末を通してスタート練習では本当に良かったから、すごくガッカリしている。その後はポジションを上げようとプッシュしたけれど、スーパーソフトにつないだ第2スティントは思ったほどうまくいかず、レース終盤はグロージャンとグティエレス(共にハースF1)の後ろで費やすことになった。これからのレースで改善したペースを続けていけることを心から願っている」

ジョリオン・パーマー

「ショックだよ。F1初ポイントをつかみかけていたのに。マシンは良かったし、自分自身もうまくドライブして10番手につけていた。ターン4でいつも通り曲がった。全力じゃなかったし、タイヤのケアもしていたんだ。それなのにどうしてか激しいスナップでマシンコントロールを失ってしまった。エンジニアと一緒にすべてを検討し、これを避けるために何かができたのかを探らなきゃならない。僕は10番手を走っていて、ピットストップも全部終えていたのにね。前後のマシンに比べてペースが良かったから、今週末は真の前進を果たしたように見えるよ。今日は僕のキャリアで最高のドライブだったし、たった1回の小さなスピンでポイントが失われた。今日はすごくガッカリしているけれど、ホッケンハイムでは同じかもっと良いポジションを目指して戦うつもりだ」

フレデリック・バッサー(チーム代表)

「われわれにとって強いレースであり、これまでの進歩を強調していた。われわれの第一のフォーカスが来年のマシンに移行したことは何の秘密でもないが、それでも2016年にポイントを挙げるポテンシャルはある。両ドライバーがとても良い仕事をしたものの、金曜日の走行を失っていたジョリオンのパフォーマンスは特筆すべきだろう。F1初ポイントが見えていただけに、スピンしたのは残念だった。概してチームと2人のドライバーは今週末にとても良い働きをしたし、リタイアが1台しかなかったレースで素晴らしい巻き返しを見せた。ホッケンハイムでもこの軌道に乗り続けたい」

© ESPN Sports Media Ltd.