Lotus F1

/ News

© Andre/Sutton
拡大

ライバルであるフェラーリやメルセデスとの差を縮めようと狙うルノーは、自分たちのV6ターボエンジンから引き出すパワーを増加させる方法は分かっていると自信を見せた。

2014年に現エンジンルールが施行されて以来、ルノーはトップに君臨するメルセデスに遅れを取っており、今年になってようやく巻き返しの兆しが見え始めた。モナコGPで内燃機関をアップグレードしたルノーには大きな前進があったものの、エンジンテクニカル・ディレクターであるレミ・タフィンはパワーユニットの信頼性が高まればパフォーマンス面でさらなるステップが見込めると述べている。

「シルバーストーンは(両マシンで)新しいユニットを使用した4つ目のレースだった。すべてがうまく機能していた。われわれは今、より大きな図を改善するために小さい問題に取り組む時期にあり、ドライバビリティやさらなるパワーを通してパフォーマンスを上げようとしている」

「信頼性があり、全体的にドライバブルなPUが今年の大きな目標の一つであり、それが達成された今、われわれはエンストンと共にさらに大きな部分に取り組んでいける。われわれは常にチームとして学び、マシンを動かす。すべての教訓が将来の役に立つのだ」

ワークスチームが引き続きポイント獲得に苦戦している中、タフィンはタグ・ホイヤーブランドのルノーエンジンを積むレッドブルが成功していることが、パワーユニットの前進を証明していると語った。

「このパワーユニットにはコース上でトップとバトルし、ポールポジションを狙える能力があることを目にしたのは、もちろん有望だった。われわれのこれまでの作業が報われたことを示しているが、まだ出力を上げる必要があるのは分かっているし、その方法が把握できていればこそ、そこにわれわれのフォーカスがある」

© ESPN Sports Media Ltd.