Lotus F1

/ News

  • ルノー

マグヌッセン、タイム加算で15位に

M.S.
2016年5月16日 « メルセデスの同士打ち:ロズベルグの見解 | メルセデスの同士打ち:ハミルトンの見解 »
© Goria/Sutton
拡大

スペインGP決勝でチームメイトのジョリオン・パーマーと接触したルノーのケビン・マグヌッセンにタイムペナルティが科され、マグヌッセンは15位に後退した。

マグヌッセンはファイナルラップで13番手を懸けてパーマーをパスしようとしていた際に接触を起こしている。この日はチームメイト間でのバトルが多発し、メルセデス勢がクラッシュで姿を消した他、ハースとザウバーのドライバーたちの間でも激しい競り合いが起こっていた。ルノーの一件ではより新しいタイヤを履いていたマグヌッセンにペナルティが科された。スチュワードのレポートにはこう記されている。

「カーナンバー20(マグヌッセン)は新しいソフトタイヤを装着しており、カーナンバー30(パーマー)の履いていたハードタイヤの方が古かったため、グリップとスピードに関してはカーナンバー20の方が大幅に優れていたと思われる。しかしながら、スチュワードはカーナンバー20がカーナンバー30と接触することなくターン13を通過できると合理的な予測を立てられていなかったと判断した。カーナンバー30は最終的にコースオフを強いられている」

「スチュワードは付記のペナルティー(10秒のタイムペナルティ)を科すが、当事者はどちらもファイナルラップを走っていたため、レース後のタイムペナルティに換算される」

当初、マグヌッセンは14位でチェッカーを受けたものの、今回のペナルティが適用された公式結果では15位フィニッシュとなる。代わってザウバーのフェリペ・ナッサーが14位に浮上した。

また、トロ・ロッソのカルロス・サインツはピットレーンがオープンになる1分前にコースに入ったとして戒告処分を受けている。ピット出口の信号が青に変わるのはレース開始時刻の30分前だ。サインツが戒告処分を科せられたのはこれが初めてだが、前戦ロシアGPではジョリオン・パーマー(ルノー)をコースオフさせたとしてすでに2ポイントのペナルティポイントを与えられている。

© ESPN Sports Media Ltd.