Lotus F1

/ News

  • ケビン・マグヌッセン

ルノー、「マグヌッセンは未来のチャンピオン」

Me
2016年2月13日 « モンツァに暗雲再び? | Hondaの新エンジンが初点火 »
© Sutton Images
拡大

ケビン・マグヌッセンには将来F1のワールドチャンピオンになれる才能があるとルノーは考えている。

スポンサー料の支払いが遅れたパストール・マルドナドが切られ、マグヌッセンのF1キャリアはルノー・スポールF1チームによってかろうじてつなぎ止められることになった。彼らはマルドナドの後任として間髪入れずにマグヌッセンの雇用を決めており、レーシングディレクターのフレデリック・バッサーは彼がタイトルを獲得できるポテンシャルを持ったドライバーだと確信している。

「彼は2年前にマクラーレンで優れたレースシーズンを見せた。フォーミュラ・ルノー3.5のようなジュニアカテゴリーでもその能力を示している」とバッサーは述べた。「才能があるのでレース勝利を狙うことが可能だし、チャンピオンシップだって狙えるだろう」

「昨年走れなかった悔しさが原動力となり、彼は戻りたくてうずうずしている。それがわれわれには重要なのだ。2016年が楽なシーズンでないことは誰もが知っている。どこからスタートするのかは分かっているので、ケビンのようにわれわれを追い立ててくれる意欲的な人物が必要なんだよ」

マグヌッセンは2014年にジェンソン・バトンの隣でマクラーレンをドライブしたが、2015年はフェルナンド・アロンソにシートを譲らねばならず、リザーブドライバーの役割に退いた。2015年の終わりにはイギリスチームから契約自体を打ち切られており、何が何でも自分を証明したいと意気込んでいる。

「僕は2014年にマクラーレンでシーズンを過ごし、元ワールドチャンピオンを相手に負けず劣らずの戦いをしたと思う」とマグヌッセンは述べた。「翌年に交代させられたのはタフだったよ。いくらチームのラインアップが強力だったとしてもね。僕は6歳の時から毎年欠かさずレースを続けてきた。脇で眺めて過ごすなんて、当然予定外の出来事さ」

「自分のことをあれこれと証明したい。丸1年離れて過ごし、僕は今すごく意欲的だよ。数え切れないほどの週末をサイドラインで座って過ごした。復帰に飢えていて、自分の価値を証明したいんだ。僕の人生を通してレースをしてきた。ものすごくハングリーだし、早くレースカーに乗りたくてたまらないよ。それがルノー・スポールだけになおさらだ」

© ESPN Sports Media Ltd.