Lotus F1

/ News

  • ルノー・スポールF1チーム

ルノー、2016年の新体制を発表

Me
2016年2月3日 « 対決! F1マシンvs.ラガーマン | F1復帰に奇跡は期待しないルノー »
© Renault Sport
拡大

パリ郊外の本部で、フルコンストラクターとして復帰するルノーが新しいF1チーム体制を発表した。

昨年末に財政難のロータス――2010年に自ら売却したチーム――を買収し、フランスの自動車メーカーがいよいよグリッドに復帰する。ドライバーにはイギリス人ルーキーのジョリオン・パーマーと並び、元マクラーレンドライバーのケビン・マグヌッセンの加入が正式に発表された。パストール・マルドナドはスポンサー料の遅延によってチームを離脱したことが先日明らかになっている。GP3チャンピオンのエステバン・オコンがサード兼リザーブドライバーに選ばれた。

来るプレシーズンテストではR.S.16と呼ばれる新車が使用されるといい、このイベントで披露されたブラック&イエローのカラーになるという。開幕戦までにカラーリングはさらに変更される。チームを率いるのはマネジングディレクターのシリル・アビテブールで、GP2チームの代表としてタイトル獲得を経験したフレデリック・バッサーがレーシングディレクターに就任した。チーフテクニカルオフィサーは元メルセデスのボブ・ベルだ。

5年間をエンジンサプライヤーとして過ごしてきたルノーがフルコンストラクターとして復帰するにあたって望むのは、露出の増加だ。その間にルノーはレッドブルとともに4度のタイトルを獲得しているが、現在のV6ターボエンジンレギュレーションとなり、クラスリーダーがメルセデスに代わって以来、後れを取ったルノーにレッドブルは非常に冷たかった。

そこで、ルノーは完全なコンストラクターチームとしてF1での活動を自ら管理することにしたのだが、トップに返り咲くためには3年ほど時間が必要だと認めてもいる。ワークスルノーがF1で最後に王座の喜びを味わったのは2005年と2006年。フェルナンド・アロンソがステアリングを握り、タイトルを獲得した年だ。

© ESPN Sports Media Ltd.