Lotus F1

/ News

  • ロータス

ラインアップには変更なしと見るカーター

M.S.
2015年12月8日 « ロータス買収は来週にも完了の見込み | 「批判がHondaの役に立った」とアロンソ »
© Sutton Images
拡大

ロータスCEOのマシュー・カーターはルノーの買収によって来季ラインアップに変更がある可能性は低いと考えている。

今年ロータスを駆っていたフランス出身のロマン・グロージャンはルノーのワークスチームで走ることを切望していたものの、その交渉がまとまるのを待ちきれず、来年はハースF1チームに移籍することが9月末に発表された。

グロージャンの後釜は2015年にリザーブドライバーとして金曜フリー走行1回目によく登場していたジョリオン・パーマーに決まり、現レースドライバーのパストール・マルドナドと組むことになっている。

グロージャンのハース移籍が明らかになって間もなく、ロータス買収の基本合意書にサインしたことを公表したルノーは、12月に入ってロータス買収による来季のワークス復帰を正式に発表した。

その際、ルノーCEOのカルロス・ゴーンが「あと数週間待ちなさい。2016年の1月になれば、組織、ゴール、ドライバー、戦略、そしてパートナーたちについてお知らせできるようになる」と語ったこともあり、これまで母国ベネズエラのオイル企業『PDVSA』がもたらす多額の資金をもってチームに貢献してきたマルドナドが来季のラインアップから外される可能性が一部でささやかれていた。

しかし、カーターは『Reuters(ロイター通信)』に「この契約についてはルノーと合意済みだ」と述べている。

「サードドライバーに関してはまだ何も決まっておらず、彼らがその役割にフランス出身の誰かを据えたいかどうかについては、私は知らない」

「ご承知の通り各陣営が特にそう望むのであれば、契約は破棄されることがある。しかし、彼らの両名に契約があるため、私の考えでは1月にはただすべてについての発表があるだけだと思う。チーム名、ドライバーラインアップ、マシンのカラーリングやスポンサーシップなどについてだ」

「パストールと彼の資金がこれから12カ月におけるルノーのプランの本質的な部分であるのは確実だ。2名のドライバーはわれわれの考えている通りになるだろう」

© ESPN Sports Media Ltd.