Lotus F1

/ News

  • ブラジルGP - ロータス - 決勝

「楽しいレースだった」とグロージャン

Me / Jim
2015年11月16日 « バジェットエンジン案を迷惑がるウォルフ | 5戦を終えてチームに感謝するロッシ »
© Sutton Images
拡大

シーズン第18戦ブラジルGP決勝レースでロータスのロマン・グロージャンとパストール・マルドナドは8位と10位に入った。

当初、グロージャンが9位でチェッカーを受け、マルドナドはポイント圏外の11位だったが、8番目にフィニッシュしたウィリアムズのフェリペ・マッサがレース前のタイヤのトレッド温度違反によってレース結果から除外されたため、それぞれ順位が繰り上がっている。

以下、ロータスのレース後談話はマッサの処分が下される前に発表されたものである。

ロマン・グロージャン

「楽しいレースだった。僕らのアグレッシブなレース戦略を使って、オーバーテイクをしながらポジションアップを楽しんだ。前のクルマについて走るのは難しかったけど、僕らにはターン1でオーバーテイクできるいいパワーがあった。エモーショナルな週末だったから、またポイントが取れて良かった。次のレースは僕にとってチームとのラストレースだ。アブダビのチェッカーを受ける時はすごく特別な気分になるだろうけど、いいリザルトを残せるように自分のベストを尽くすよ」

パストール・マルドナド

「多くの出来事が起きたアクティブなレースだった。僕らはほかとは違う戦略を使い、最初のスティントでスピードは劣るけど、耐久性のあるタイヤを使ったんだ。その間はソフトの人たちに対してタイムを伸ばすことは難しかった。その分、中間スティントでソフトに変えてからはプッシュできるようになり、ポジションを上げられた。最後は硬い方のタイヤでフレッシュなソフトタイヤの人たちに対して防戦を強いられたから、10番手を維持するのは難しかった。でも、スタートした位置を思えばいいレースだったよ」

フェデリコ・ガスタルディ(副チーム代表)

「ロマンが本当にがんばってくれた。それから、現場にいるレースチームの皆も長いシーズン終盤のこの場面でよくやったと思う。エンストンの皆の努力にも感謝している。彼らのがんばりは2台そろってのポイント獲得に値するほどだ。パストールがペナルティを受けてしまったことが残念。あれがなければ少なくとも10位はいけただろうから、われわれ全員が悔しい思いをしている」

アラン・パーメイン(トラックサイドオペレーションディレクター)

「昨日の予選は失望に終わったが、今日は本来いるべき場所に戻って強力なレースが戦えた。今日のロマンは素晴らしい走りだったし、パストールもペナルティがなければ入賞できたはずだった」

© ESPN Sports Media Ltd.