Lotus F1

/ News

エントリーリストの米印はチーム名変更の要請によるものだと報じられたロータス © Sutton Images
拡大
関連リンク

ロータスにはF1撤退の危機がないのかもしれない。

2015年シーズンの最新エントリーリストにはロータスの名前の部分に"承認待ち"のアスタリスク(米印)がつけられていた。

そのため、昨シーズン中にフォース・インディアやザウバーを含む中団チームの怒りの不満を明かしていたジェラルド・ロペス率いるロータスが、マルシャやケータハムに続いて深刻な困難に直面しているのではないかとの見方が浮上。

しかし、イタリア『Omnicorse(オムニコルセ)』によると、その危険性は間違って伝えられたものであり、ロータスは「新シーズンに向けてE23の最初のシャシー製造を完了」すべく、忙しく働いているという。

同紙は「それならばFIAのアスタリスクは何を意味しているのか? その答えはとても単純だ。ロータスはチーム名の変更ができるよう要請しているのだ」と付け加えた。

また、オムニコルセはロペスが自身の保有する『Genii Capital(ジェニー・キャピタル)』の投資分を取り戻すことができる場合、F1撤退を考えているかもしれないとのうわさにも触れている。

「とはいえ、チーム名の変更といっても、ドライバーであるパストール・マルドナドとロマン・グロージャンのそれぞれの主要支援者であるPDVSAやトタルといったスポンサーの名前が加わるだけになりそうだ」

© ESPN Sports Media Ltd.