Lotus F1

/ News

  • ロータス

グロージャン、2015年残留を示唆

Me
2014年10月23日 « いまだ定まらないアロンソの次なる動き | ケータハム従業員、閉め出される »
メルセデスパワーに変わるロータスは「悪い場所じゃない」というグロージャン © Sutton Images
拡大
関連リンク

ロマン・グロージャンは、2015年もロータスに残るかもしれない。

フェルナンド・アロンソの動きが不明な中でグロージャンは未来の扉をオープンにしていたが、ロータスのオーナー、ジェラルド・ロペスは来シーズンもエンストンのチームが同じドライバーラインアップで行く可能性が高いと示唆している。

チームとエンジンサプライヤーのルノーが大苦戦を強いられる中で、28歳のグロージャンはたびたびいら立ちをはっきり示してきていた。

しかし、ロータスは2015年から最強のメルセデスパワーに切り替えることが決まっており、フィンランド紙『Turun Sanomat(トゥルン・サノマット)』によるとグロージャンの重要スポンサーである『Total(トタル)』はCEOのクリストフ・ド・マルジェリが不慮の事故で亡くなってもF1へのコミットを続けるとしている。

グロージャンも『UOL Sao Paulo(UOLサンパウロ)』にこう語った。「来年に向けてここ(ロータス)では大きな変化が起きている。悪い場所じゃないよ」

「2015年にワールドチャンピオンになれる場所じゃないけど、ポイントを取って何度かポディウムに上がることはできると思う。それなら、2016年に向けた下準備になる」と彼は付け加えた。

© ESPN Sports Media Ltd.