Lotus F1

/ News

  • ロータス

ロータスとブリアトーレがうわさに言及

Me
2014年9月25日 « アロンソのうわさ、止まらず | コストがネックになる凍結緩和 »
途方もない試みを考えているとささやかれるブリアトーレ © Getty Images
拡大
関連リンク

ロータスのチームオーナー、ジェラルド・ロペスと、フェルナンド・アロンソにつながりのあるフラビオ・ブリアトーレが、最新のうわさについてコメントした。

今週、エンストンのチームの元ボスで、今もアロンソのキャリアにおいて指導者的役割を果たしているブリアトーレが、現在のロータスチームにタイトルへの道を開く大胆な試みを画策しているとドイツ誌『Sport Bild(シュポルト・ビルド)』が報じた。

これはアロンソとフェラーリが離別間近だといううわさと結びついているだけでなく、カナダの富豪、ローレンス・ストロールがロータス買収に興味を示しており、苦戦するチームのメルセデスパワー転向の費用を肩代わりするという話にも発展した。

こうしたうわさについて、チームオーナーのロペスはドイツ誌『Auto Motor und Sport(アウトモートア・ウント・シュポルト)』にこう語った。「それらについては、昨日初めてインターネットで読んだよ」

また、この複雑な状況についてブリアトーレ自身もコメントした。しかし、明白な否定であれば、もう少し響きが異なっていただろう。

「フェラーリは誰にも背を向けていない」と彼はイタリア『Omnicorse(オムニコルセ)』に語った。「だが、今は話すときではない」

© ESPN Sports Media Ltd.