Lotus F1

/ News

  • ロータス

ロータスとメルセデスの契約は間近

M.S.
2014年8月22日 « ベッテル、スパで5基目のエンジン投入 | マルシャ、レースドライバーをチルトンに戻す »
メルセデスとロータスの契約を待っていると言われるグロージャン © Getty Images
拡大
関連リンク

メルセデスのクリスチャン・トト・ウォルフはロータスが2015年に向けて現在のF1で最強のマシンを確保する間際だと認めた。

今季はルノーパワーで苦戦を強いられているロータスだが、メルセデスとの契約が原則としてまとまっているのはパドックの公然の秘密だった。

見込まれるロータスとメルセデスのタイアップについて聞かれたウォルフは、『La Gazzetta dello Sport(ラ・ガゼッタ・デロ・スポルト)』に「今のところすべてがその方向に進んでいる」と答えている。

現状に不満を抱えるロータスドライバーのロマン・グロージャンは、2015年の契約延長を前にメルセデスとの契約発表を待っているものと見られる。

グロージャンはスパのパドックにて将来については"すべてがオープン"だと話していたものの、FIAの記者会見では次のように述べている。

「ロータスの将来にとってできる限りベストな形で準備するということなんだ。彼らは過去2年や4年くらいの間で素晴らしいマシンをデザインしてきたし、僕には将来にそうならないという理由が分からない」

© ESPN Sports Media Ltd.