Lotus F1

/ News

  • ロマン・グロージャン

またいいバトルがしたいとグロージャン

Me
2013年10月9日 « レッドブルの秘訣はKERS? | 元F1ドライバーたちがマカオに参戦 »
韓国のレース終盤、グロージャンから2番手を自力で奪い取ったライコネン © Sutton Images
拡大

チームメイトのキミ・ライコネンと、シーズン中にもう一度コース上で戦いたいとロマン・グロージャンが語った。

グロージャンは韓国で印象的な走りを見せたものの、セーフティカー中のミスでライコネンに抜かれ、2位を逃してしまった。当初は自分の方が速いのだから、ポジションを戻してほしいとラジオで訴えていたグロージャンだが、自分のミスが招いたことだったと今は認めており、クリーンなバトルはチームにとって良いことで、そうしたバトルをもっとしたいという。

「僕らがコース上の同じ場所で同じポジションをめぐって争っているとしたら、それは僕らが2人ともクルマのベストを引き出しているということ。それはどちらにとってもポジティブだよ」とグロージャンは述べた。「僕らは2人ともコンペティティブだけど、常にフェアにレースをしてきた。韓国で彼に抜かれたのは僕のミス。だからこれは繰り返さないようにしないとね」

「僕らがまったく違う戦略で、一方のドライバーがもう1人を妨げてしまうような場合でない限り、常にレースをさせるというのがチームの考え方だ。ポディウムをめぐってもっとバトルができるといいね。今度は僕が前に立てるようにプッシュする」

このところ良いパフォーマンスを続けているグロージャンは、F1初勝利の時が近づいているように感じると言う。

「セーフティカーが入るまでは、セバスチャン(ベッテル)を追いかける作戦があったんだ。彼がどれくらいセーブしていたのかは分からないけどね。韓国での僕の初勝利の可能性はあったかもしれない。でもこういうことに期限は設けられないんだ。勝利がいつ訪れるかは誰にも分からないよ・・・」

© ESPN Sports Media Ltd.