Lotus F1

/ News

  • ロータス

ロータス成功のカギは予算

Jim
2013年3月30日 « 雨対策に励むシルバーストーン | マクラーレン、中国でも進歩を期待 »
上位5チームのうち唯一タイトルスポンサーを持たないロータス © Sutton Images
拡大
関連リンク

ロマン・グロージャンは今季の成功を目指すロータスの野望は十分な予算を集められるかどうかで決まるとの考えを述べた。

ロータスはオフシーズン中に技術企業『Honeywell(ハニーウェル)』との契約が伝えられていたものの実現しておらず、上位5チームのうちタイトルスポンサーを持たないのはロータスのみだ。

グロージャンによると、ロータスにはタイトル争いに挑むために必要なすべてのツールが揃っている一方で、レッドブルなどの開発率に匹敵するにはさらなるスポンサーが必要だろうとのこと。

「僕たちが持つ資金次第」と『Autosport(オートスポーツ)』に語るグロージャンは「F1ではそれがカギを握っている。優れた人々がいて、レースに勝てるマシンがあることは分かっているし、開発ツールやファクトリーツールも揃っている。ただ、ここでまた疑問になるのがそこにどれだけつぎ込めるか、という問題」と続けた。

それでも、メルボルンの開幕戦でライコネンが勝利したことがチームの予算増につながるはずだと言うグロージャンはこうも話す。

「できればもっとスポンサーが増えるといいんだけどな。そうしたらもっと開発できるし、さらに勝てる。その結果、さらにスポンサーが増える。それがサイクルってもんだ」

© ESPN Sports Media Ltd.