Lotus

/ News

  • ダニエル・リカルド

ロータス入りの可能性を認めるリカルド

Me
2011年12月6日 « FIAの"ぶれ"を批判するザウバー代表 | ファーストドライバーとして自信を深めた可夢偉 »
2011年、HRTで11戦に出場したレッドブル育成ドライバーのリカルド © Sutton Images
拡大

ダニエル・リカルドが、2012年にヤルノ・トゥルーリに代わってロータス――来季はケータハム――でドライブする可能性があることを認めた。

今年HRTからグランプリデビューを果たしたリカルドは、来季トロ・ロッソ入りが予想されていた。しかし、今年はハイメ・アルグエルスアリとセバスチャン・ブエミが共に好成績を残している。おそらくトロ・ロッソにシートはないとリカルドは感じているといい、それでも2012年に別のシートを得る可能性があると述べた。

「どうやらトロ・ロッソは今の2人のままで行くみたいだよ」と『West Australian(ウエスト・オーストラリアン)』に語ったリカルド。「まだ100%否定されたわけじゃないけど、言い回しから僕はそう受け取った」

「来年僕がグリッドにいるとしたら、またレッドブル以外の別のチームになる可能性が高い。でも僕が今もレッドブルと契約中なのはいいニュース。彼らは支援継続に同意してくれた」

そこで、最も見込みがある選択肢がロータスということになる。彼らはレッドブル製ギアボックスを使用しており、来シーズンからはKERS(運動エネルギー回生システム)の提供も受ける。チームはトゥルーリと契約済みだが、リカルドと交代のうわさは日に日に強まっており、リカルド自身も可能性を認める。

「確かにチャンスはあるといえる。でも少なくとも僕にとって今はそれだけ、ただのチャンスだよ。今年よりステップアップだから、それほど悪いことじゃない。彼らが来年、ポイント争いに加わるかどうかは疑わしい。順調に進歩はしているけど、まだしばらく後方での戦いになるだろう。コバライネンがチームメイトなら、いい比較相手になる。彼はグランプリウイナーだし、今年はトゥルーリに圧勝しているからね」

© ESPN Sports Media Ltd.