Lotus

/ News

  • チーム・ロータス

チーム・ロータス、断念したカラーリングを公開

Jim
2010年12月24日 « ウクライナがF1招致レースに名乗り | チャップマン家はグループ・ロータスを支持 »
チーム・ロータスのブラック&ゴールドのカラーリングはショーカーに使用予定 © Lotus
拡大
関連リンク

チーム・ロータスはルノーが『John Player Special(ジョン・プレイヤー・スペシャル)』カラーを採用すると発表する以前に、ブラックとゴールドのカラーリングを施したマシンのイメージ画像を公開していた。

2010年シーズン末にはファン向けにブラックとゴールドのカラーリングデザインを募集したロータス。ファンからは大反響を得ていたものの、グループ・ロータスが来年からルノーに支援することを発表し、エンストンを拠点とするルノーF1も同じくブラックとゴールドの配色を使用すると明かした。

結果的にチーム・ロータスは伝統的な緑色と黄色を再び使うことになるが、カラーリングコンテストはやり遂げている。優勝したのはラファエル・カンポスさん。デザインはJPSのスポンサーシップ契約締結後に初登場したマシンで、エマーソン・フィッティパルディがチャンピオンシップ制覇を成し遂げたロータス72Dから発想を得たとのことだ。

チーム・ロータスはこのカラーリングを来年のショーカーにペイントすることになっている。

© ESPN Sports Media Ltd.