Lotus

/ News

  • ヤルノ・トゥルーリ

ロータス残留が濃厚なトゥルーリ

Kay Tanaka
2010年11月25日 « ニューイ、2011年シーズンにも自信 | バレンシア、ヨーロッパGP放棄を否定 »
2010年も得意の予選で力強さを発揮し続けたトゥルーリ © Sutton Images
拡大
関連リンク

ヤルノ・トゥルーリは、2011年もロータスに残留する可能性が高いことをほのめかしている。

チームはまだ2011年のドライバーラインアップを発表していない。今シーズンのトゥルーリには数々のマシントラブルが襲いかかったが、多くのドライバーがトゥルーリの後任としてロータスに加わることを狙っているようだ。

ヘイキ・コバライネンが残留することはほぼ確実となっているが、トゥルーリも2シーズン目を迎えるロータスで走る可能性を示した。

トゥルーリは『BBC Radio Norfolk(BBCラジオ・ノーフォーク)』に対し「数日の間にファクトリーを訪れ、2011年のシャシー、コックピット、シートの準備をするよ」とコメントしている。

今年が「タフなシーズンだった」と認めるトゥルーリ。過去にはルノーやトヨタで勝利や表彰台を経験したものの現在はグリッド後方での戦いを余儀なくされているが、今でもF1で戦うことにモチベーションを抱いているようだ。

「以前と比べると、いくつかの部分のパフォーマンスはかなり悪かったね。だけど、僕はいつだってマシンと自分自身からベストを引き出そうとしたし、今でもいいバトルをたくさん楽しんでいるよ」

© ESPN Sports Media Ltd.