Lotus

/ News

  • ロータス

F1を目指すジョニー・チェコットJr.

Me
2010年10月6日 « 怒るライコネン、ルノーで復帰は"絶対しない" | リウッツィに再びシート喪失疑惑 »
父の足跡をたどろうとしているジョニー・チェコットJr. © Sutton Images
拡大
関連リンク

元F1ドライバー、ジョニー・チェコットの息子、ジョニー・チェコットJr.がテストドライバーとしてロータス入りを目指している。

54歳になった父のジョニーは、1975年に350ccモーターバイクでタイトルを取り、4輪に転向後、1983年にはセオドールF1チームで走った経験がある。1年後、彼はトールマンでブラジル人ルーキー、アイルトン・セナのチームメイトになった。

息子のチェコットJr.はドイツ生まれの21歳。今年はGP2に参戦しており、ロータスのトニー・フェルナンデス代表が2011年に立ち上げるエアアジア・チームとのつながりがうわさされている。イタリア誌『Autosprint(オートスプリント)』によると、同時にF1チームでテスト&リザーブドライバーに就任する可能性があるとのこと。しかし、ベネズエラの通信社が報じているところによれば、チェコットJr.は資金不足のために2010年のGP2シーズンを完走できなかったようだ。それでもJr.と彼の父はF1チームらと2011年の交渉を進めているという。

「ここ数週間、僕はあるF1チームのマネジメントとコンスタントに連絡を取り合ってきた。来シーズンはそこに所属することになるだろう」とチェコットJr.は通信社に語った。「エキサイティングなオファーで、11月のアブダビからテストドライバーになれるはずなんだ。今は資金集めのために頑張っている。F1でのテストドライブを可能にするだけじゃなく、GP2トップチームで戦って勝てるようにね」

チェコットJr.のスポンサーには、ベネズエラのテレコミュニケーション会社『CANTV』がいる。

© ESPN Sports Media Ltd.