韓国GP

/ News

  • 韓国GP - 決勝

ベッテル優勝で首位交代!

M.S.
2012年10月14日
1-2フィニッシュを果たしたレッドブル © Press Association
拡大
関連リンク

韓国南部の海からほど近い場所に位置する韓国インターナショナル・サーキットにて、14日(日)15時から2012年FIA F1世界選手権第16戦韓国GP決勝が行われた。

サーキットは全長5.615km、決勝レースは55周で行われる。DRSゾーンはターン2からターン3にかけての長いストレートに設定された。ピレリはバラエティに富んだレイアウトのこのサーキットにソフトコンパウンド(プライム)とスーパーソフトコンパウンド(オプション)を用意している。

今季残り5戦にしてタイトル争いの主役は194ポイントのフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)と4ポイント差でそれを追うセバスチャン・ベッテル(レッドブル)の2人に絞られてきた。

しかし、土曜日に行われた予選でポールポジションを手にしたのはベッテルのチームメイトであるマーク・ウェバー。ベッテルがウェバーと共にフロンローに並び、ポイントリーダーのアロンソは3番手ルイス・ハミルトンの隣、4番グリッドから決勝をスタートする。

予選でストップしてしまったトロ・ロッソのダニエル・リカルドは16番手だったものの、ギアボックス交換によりペナルティを科されて21番グリッドからのスタートとなる。また、予選21番手だったマルシャのシャルル・ピックは今季9基目のエンジンを投入したことで10グリッド降格され、最終グリッドについた。

スタート時のタイヤとしてプライムを選んだのは11番手ジェンソン・バトン、12番手セルジオ・ペレス、13番手の小林可夢偉(共にザウバー)、14番手ポール・ディ・レスタ(フォース・インディア)、16番手ジャン-エリック・ベルヌ(トロ・ロッソ)、22番手ペドロ・デ・ラ・ロサ(HRT)だった。

レーススタート時の天候は晴れ、気温21度、路面温度27度のドライコンディション。シグナルオフと共にベッテルがチームメイトの前に出る。アロンソも激しい競り合いを制して3番手に浮上した。

後方ではポジション争いをしていたバトン、可夢偉、ロズベルグが接触し、バトンはそのままリタイアを喫する。可夢偉がバーストしたタイヤでピットへと戻って最後方ながらも隊列に復帰したのに対し、ロズベルグもバトンと同様、2周目に入ったところでマシンをとめた。

スタート後の動きが落ち着いたところでトップ10に並んでいたのはベッテル、ウェバー、アロンソ、ハミルトン、フェリペ・マッサ(フェラーリ)、キミ・ライコネン(ロータス)、ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)、ロマン・グロージャン(ロータス)、ペレス、ミハエル・シューマッハ(メルセデス)だった。

2番手ウェバーはしばらくベッテルの1秒以内を走っていたものの、次第にその差は開いていく。8周目には可夢偉がバトンとロズベルグとの一件で科されたドライブスルーペナルティを消化した。スタート後の混乱で掲示されたイエローフラッグはしばらく続き、9周目にようやく解除されている。

最初に動きがあったのは14周目。4番手ハミルトンがピットへ向かったのを皮切りにヒュルケンベルグ、グロージャン、シューマッハらもタイヤ交換を実施する。続く周回でウェバー、マッサ、ライコネンが同時に1回目のピットストップを行った。

これでトップ2となったベッテルとアロンソは16周目にピットへ。一方、可夢偉はコース上で連続してトップ集団に道を譲ることを強いられており、レースを続行するにはダメージが大きすぎるとチームが判断。マシンを頭からガレージに入れてレースを終えた。HRTのペドロ・デ・ラ・ロサもガレージでリタイアしている。

5番手を走るマッサは前を行くハミルトンにしかけ、DRSを使ってかわしていく。3番手と4番手に並んだアロンソ、マッサのフェラーリコンビは速いペースで前を行くウェバーを追った。

パストール・マルドナド(ウィリアムズ)を最後に全員が1回目のピット作業を終えたのは22周目に入ったときのこと。ポイント圏内にはベッテル、ウェバー、アロンソ、マッサ、ハミルトン、ライコネン、ヒュルケンベルグ、グロージャン、リカルド、シューマッハがいた。

マッサにポジションを明け渡したハミルトンは続いてライコネンの猛攻を受ける。何度もバトルを演じながらライコネンの攻撃を防ぎきったハミルトンは、27周目に先陣を切って2回目のピットストップへと向かった。

これで前が空いたライコネンは10秒以上離れたマッサを追い始める。チームメイトのグロージャンはライコネンの後ろにいるヒュルケンベルグから1秒以内のところでプレッシャーをかけ続けた。

前方ではフェラーリの追撃を受けてウェバーがペースアップ。リードするベッテルの後方約8秒にウェバー、そこから2秒ずつの間隔でアロンソとマッサが続く形で周回を重ねていく。

そのウェバーは33周目に2回目のピットストップを実施。アロンソはウェバーがファステストラップを更新した直後、35周目にタイヤ交換を行った。

その頃にはラップリーダーのベッテルもタイヤがきつい状態になっているのかコースオフする場面も。36周目にはベッテル、マッサ、ライコネンが連続してピット作業を行なっている。

ソフトからソフトにつないだ上位勢はベッテル、ウェバー、アロンソ、マッサ、ライコネン、ハミルトンのオーダーで走行を続ける。タイヤを交換したベッテルは好ペースを刻み、37周目に1分42秒台でファステストラップを更新した。

39周目にベルヌがピットストップし、1回ストップにとどまっているのは14番手マルドナドのみの状態となる。6番手ハミルトン以降はグロージャン、ヒュルケンベルグ、リカルド、ベルヌが入賞圏内を走っていたが、40周目にヒュルケンベルグが前で攻防を繰り広げる2台をまとめてパスする鮮やかな動きを見せた。

43周目にハミルトンが3回目のピットイン。スーパーソフトを履いて10番手に戻ったハミルトンは9番手ベルヌに追いつくと、これをかわそうと果敢に攻めている。

50周目にはコースサイドの人工芝がはがれ、複数のマシンがそれを踏んでいくという場面が見られたものの、そのままレースは進行。終盤にかけてのトップ集団では特に競り合いがなく、ベッテルが悠々と先頭を走っていた。

53周目、ベルヌはハミルトンの攻撃を逃れて一つ前にいた僚友リカルドをパスする。その後ろを走っていたハミルトンはコースを外れてはがれていた人工芝を巻き込んでしまった。わずかながらも貴重な1ポイントさえ失う危機におちいったハミルトンだったが、不幸中の幸いかレースは残り2周。

夕暮れが近づく霊岩でベッテルがトップチェッカーを受けてから80秒後、ハミルトンはペレスのアタックを振りきって10位フィニッシュを果たした。

シンガポール以来3連勝を達成したベッテルはこれでランキング首位に。2位ウェバーは54周目に1分42秒037のファステストラップを刻んだ。3位アロンソがレッドブルコンビと共に表彰台に上っている。

4位マッサからライコネン、ヒュルケンベルグ、グロージャン、ベルヌ、リカルド、ハミルトンまでがポイントを獲得。

11位ペレス以降、ディ・レスタ、シューマッハ、マルドナド、ブルーノ・セナ(ウィリアムズ)、ヴィタリー・ペトロフ、ヘイキ・コバライネン(共にケータハム)、ピック、ナレイン・カーティケヤン(HRT)が完走している。

20戦が組まれた今季カレンダーも2回の2連戦を残すばかりとなった。1週の休みを経て迎えるのは今年が初開催となる第17戦インドGP。最初のセッションである金曜フリー走行1回目は26日(金)日本時間13時30分にスタートする予定だ。

© ESPN Sports Media Ltd.