韓国GP

/ News

  • 韓国GP

韓国の多難な状況、ほとんど変わらず

Me
2011年10月14日 « ペナルティ基準の統一性を求めるマッサ | 2011年第16戦ドライバーコメント初日 »
昨年からほとんど使われた形跡がない? © Sutton Images
拡大
関連リンク

1年前の多難な初イベント以来、韓国の霊岩(ヨンアム)サーキットの状況はほとんど変わっていないようだ。

『Bild(ビルド)』紙が驚くべきニュースを伝えている。今週、いくつかのチームがパドックオフィスの冷蔵庫を開けると、2010年のイベントの残りものが棚の上で朽ち果てていたという。

また、ウィリアムズによると彼らのチームホスピタリティのステッカーには今も昨年のドライバー、ニコ・ヒュルケンベルグの名前が記されているとのことで、マクラーレンのガレージではフロアに書かれた"マーク・ウェバー"、"セバスチャン・ベッテル"の名前を塗りつぶす作業が行われていた。

「まるで昨年のレース後、ゲートに鍵をかけて、昨日初めて解錠したかのようだ」とある関係者は語ったとされる。

昨年の韓国訪問以来、2度の世界王座を手に入れたベッテルは言う。「あれ以来起きた全ての出来事を思うと、なんだか不思議な気がするね」

もう一つ、争いの種となっているのはサーキットがある木浦(モッポ)のロケーション。ソウルからは数100km離れており、ドライバーたちは全員五つ星のヒュンダイ・ホテルに泊まっている。

それほどぜいたくができないチームメンバーやジャーナリストたちは、今年もいわゆる"ラブホテル"への宿泊を強いられており、ウィリアムズ・チームなどはそろってヨンアムから1時間かかる光州(クァンジュ)に滞在している。

「このあたりはちょっと静かすぎるね」と語るベッテル。「僕らが帰ってから基本的にあまり変わっていないみたいだ」

実際サイトは未完成の部分も残されており、イベントの資金繰り情勢について憶測を呼んでいる。

「高額投資や高コスト構造のため、われわれが収益面で苦労しているのは事実です」とチーフオーガナイザーのパク・ジュンヨン氏は述べた。

© ESPN Sports Media Ltd.