韓国GP

/ News

2010年の第1回韓国GPを手がけたチャン・ユンチョ氏 © Sutton Images
拡大

韓国GPのプロモーター『Korea Auto Valley Operation(韓国オート・バレー・オペレーション/KAVO)』の役員会が開かれた14日(金)、チャン・ユンチョ氏が会長を解任された。

『聯合ニュース(れんごう)』が伝えたところによると、チャン氏は乱脈な経営の責任を問われたとのことで、後任には元駐スイス韓国大使のパク・ウォンファ氏が就くという。報道では他にも2人の幹部がKAVOの臨時株主総会で解任されたと伝えられている。

韓国GPのレース主催契約は少なくともあと6年は残されているが、昨年10月の初開催に向けて行われていた工事が遅延したことを受けて、KAVOは調査に乗り出していた。

全羅南道(チョルラナムド)政府と民間企業のジョイントベンチャー事業であるKAVOからコメントは得られていない。

© ESPN Sports Media Ltd.