韓国GP

/ News

  • 韓国GP

査察を終えたホワイティング、満足

Me
2010年10月12日 « パナソニック、ザウバーのスポンサーに? | 主要チームがコース外で心理戦を展開 »
11日(月)のサーキット空撮画像 © Korean Grand Prix
拡大

韓国インターナショナルサーキットにF1開催のゴーサインを出したことを、チャーリー・ホワイティングが認めた。

FIAが霊岩(ヨンアム)の会場の2日間にわたり検査し、各通信社が承認の事実を報じたのはすでにお伝えした通り。

だが硬化中のアスファルトの上には夜通し雨が降り、コース上の橋が未完成であったり、アクセス路が未舗装だったりとの報告もある。

ホワイティングは12日(火)、こう述べた。「満足いく仕上がりであり、KARA(韓国カーレース協会)を通して許可を出す」

KARAのチャン・ユンチョ会長はこの知らせを歓迎。

「すべての作業が完了し、FIAに心からご満足いただけて喜ばしく思っております。国を挙げて、F1の皆さまの韓国インターナショナルサーキット初訪問をお待ちしております」

© ESPN Sports Media Ltd.