韓国GP

/ News

  • 韓国GP - 決勝

後方の波乱を介せずベッテル優勝!

M.S.
2013年10月6日
一貫してリードを保ち続けたベッテル © Getty Images
拡大

韓国インターナショナル・サーキットにて6日(日)15時から2013年FIA F1世界選手権第14戦韓国GP決勝が行われた。

前日に実施された予選ではレッドブルのセバスチャン・ベッテルが3戦連続でポールポジションを獲得し、メルセデスのルイス・ハミルトンが2番手に。ベッテルのチームメイトであるマーク・ウェバーが3番手に入ったものの、前戦で今季の戒告が3回になったため、10グリッド降格のペナルティを科され13番手に下がった。

また、予選21番手のジュール・ビアンキ(マルシャ)はフォース・インディアのポール・ディ・レスタの予選アタックを妨害したとして3グリッド降格処分を受け、最後尾からレースをスタートする。

舞台となるサーキットは1周5.615km、決勝レースは55周で行われる。DRSゾーンはターン2からターン3にかけての長い直線と、最終コーナーからターン1までの2カ所に設定された。

ピレリは今週末に使用されるドライタイヤとしてミディアムコンパウンド(プライム)とスーパーソフトコンパウンド(オプション)をチョイスしている。

レース開始時の天候は曇り、気温27度、路面温度29度のドライコンディション。12番グリッドのダニエル・リカルド(トロ・ロッソ)以外の全員がスタート時のタイヤとしてミディアムを選んだ。

スタートするとベッテルが抜け出し、ハミルトンがそれに続く。ターン3でハミルトンに並びかけたロマン・グロージャン(ロータス)に前に出た一方、後方ではフェリペ・マッサ(フェラーリ)が混雑の中でスピンを喫した。

ターン3でコースを外れたマシンが多く、1周目が終わった時点ではベッテル、グロージャン、ハミルトン、ニコ・ロズベルグ(メルセデス)、ニコ・ヒュルケンベルグ(メルセデス)、フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、リカルド、キミ・ライコネン(ロータス)に続いて予選Q1落ちだったパストール・マルドナド(ウィリアムズ)が9番手。それに次ぐジェンソン・バトン(マクラーレン)までが得点圏内を走っている。

スタート後の混乱でフロントウイングにダメージを負った模様のエイドリアン・スーティル(フォース・インディア)が4周目にピットへ。コース上ではライコネンがリカルドをかわして6番手アロンソを狙う。2人はしばらく接近戦を展開した後、ライコネンがアロンソをかわしていった。

7周目にマッサがタイヤ交換を実施したのを皮切りに各陣営で1回目のピット作業が始まり、10周目にはハミルトンとアロンソがピットストップを行う。11周目にタイヤを交換したグロージャンがピットレーン出口でハミルトンに先行し、これをパスすべくハミルトンが猛プッシュしたものの、オーダーは変わらなかった。この間、他車を押し出したとしてケータハムのギド・ヴァン・デル・ガルデにドライブスルーペナルティが科されている。

ミディアムスタートのリカルド以外の全員がタイヤ交換を終えたところで上位に並んでいたのはベッテル、グロージャン、ハミルトン、リカルド、ロズベルグ、ヒュルケンベルグ、アロンソ、ライコネン、ウェバー、バトンの10名。オプションでスタートしたメンバーは全員がミディアムに履き替えた。また、セルジオ・ペレス(マクラーレン)とポール・ディ・レスタ(フォース・インディア)が接触しており、2人はそのまま走行を続けたものの、この接触は審議対象となっている。

リカルドは19周目に1回目のピットストップを実施。中盤にかけて最も密度の高い争いをしていたのは5番手ヒュルケンベルグからアロンソ、ライコネン、ウェバーだった。アロンソはグレイニングに悩まされ、周回を重ねるうちにそれが解消されたもののヒュルケンベルグをかわすには至らず。しばし4台が連なった状態で走行を続けた。

23周目には10番手バトンが2回目のタイヤ交換でミディアムからミディアムにつなぐ。トップ10からはライコネンが早めのピットストップで隊列から抜けることを選んだ。続いてヒュルケンベルグもピットへ向かい、コース上ではウェバーがアロンソをパスしている。また、18番手を走っていたディ・レスタがコースオフを喫してストップし、そのままレースを終えてしまった。

3番手のハミルトンはタイヤの摩耗が激しく、大きくペースを落としてしまう。見る間にハミルトンへ追いついた僚友のロズベルグが28周目に追い越しをかけるが、突如フロントウイングが下がって路面との間に激しい火花が散った。ロズベルグは自力でピットへ帰還し、ノーズを外すのに手間取りながらも何とか隊列に復帰。新しいタイヤを切望するハミルトンはその分待たされてしまったが、30周目に2度目のタイヤ交換を終えた。

31周目、ピットストップを終えてコースに復帰したウェバーの目前でペレスの右フロントタイヤがバースト。ペレスのタイヤからトレッドがちぎれ飛んだが、ウェバーは無事これを回避している。散らばったデブリを片付けるためにセーフティカーが導入され、このタイミングでベッテルやグロージャンを始め多くのマシンがピットへ向かった。直前にタイヤ交換を終えていたウェバーはデブリを拾ったか再度ピットへ向かい、履いたばかりのミディアムからスーパーソフトに履き替えてコースへ戻っている。

セーフティカー先導の下、隊列はベッテル、グロージャン、ライコネン、ハミルトン、ヒュルケンベルグ、アロンソ、バトン、ロズベルグ、マルドナド、リカルドという並びになった。

36周目の最後にセーフティカーが戻ってレースが再開されるも、ターン3でスピンした12番手スーティルのマシンリア部分がウェバー車のサイドに衝突。コース外に止まったウェバーのマシン後方からは炎が上がっており、遅れて駆けつけたマーシャルによって消火作業が行われる。

コース上ではライコネンがチームメイトをパスして2番手に上がっていたが、このインシデントの影響からまたもセーフティカーが導入された。長いピット作業の末に最後尾でコースに復帰したスーティルにはドライブスルーペナルティが科されている。

41周目、ベッテル、ライコネン、グロージャン、ヒュルケンベルグ、ハミルトンに次いでアロンソという形でリスタートを迎えると、そこかしこでバトルが見られながらも隊列には変化がなかった。先頭のベッテルは一気にライコネンを引き離しにかかり、44勝目までに2.4秒のギャップを開く。

後方では最後の1ポイントをかけて10番手のマルドナドからエステバン・グティエレス(ザウバー)、ペレス、フェリペ・マッサ(フェラーリ)の間で激しいポジション争いが発生。あわや接触の大接戦を制してマッサが10番手に浮上したのとは対照的に、マルドナドは14番手に落ちている。

一方、レースを通して後続の強豪ドライバーを抑え続けていたヒュルケンベルグは48周目についにハミルトンにポジションを明け渡すも、直後に抜き返して4番手をキープする。ハミルトンはアロンソからの攻撃をしのぐのにも忙しく、7番手バトンと8番手ロズベルグを含めてタイトな隊列を形成した状態で周回を重ねた。

52周目にピットへ向かったスーティルはコースに戻ることなくこの日3人目のリタイアに。 54周目にはリカルドがコース上でストップした。上位では3番手グロージャンが前を行くチームメイトの1秒以内にまで迫っている。

しかし、悠々とトップチェッカーを受けたベッテルの後ろに続いたのは2番手を守ったライコネンで、3位のグロージャンから19秒後方でヒュルケンベルグが4位フィニッシュを果たした。

5位ハミルトンからアロンソ、ロズベルグ、バトン、マッサ、ペレスがポイントを獲得。

11位のグティエレス以降、バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)、マルドナド、シャルル・ピック、ギド・ヴァン・デル・ガルデ(共にケータハム)、ビアンキ、マックス・チルトンに加え、ベルヌ、リカルド、スーティルが完走扱いとなっている。

次戦は連戦で行われる第15戦日本GP。最初のセッションである金曜フリー走行1回目は11日(金)10時スタート予定だ。次戦もお楽しみに!

© ESPN Sports Media Ltd.