日本GP

/ News

  • ウィリアムズ
  • ボッタス、タイヤ温存のためFP2は走らず
  • 2015年9月25日: ウィリアムズのバルテリ・ボッタスは日本GP週末に雨天が続いた場合に備え、インターミディエイトタイヤを温存すべく初日2回目のフリー走行で一切コースに出なかったのだと明かした。

  • ジュール・ビアンキ
  • ビアンキの減速は不十分だったとFIA
  • 2014年12月4日: ジュール・ビアンキは鈴鹿で"コントール喪失を避けるためのスローダウンが不十分だった"とFIAが述べた。

  • F1
  • GPDA会長、性急な結論に警告
  • 2014年10月7日: GPDA会長のアレキサンダー・ブルツは、ジュール・ビアンキの日本GPでの事故について結論を急がないよう警告した。

  • F1
  • 閉鎖型コックピット、実装は"簡単"
  • 2014年10月7日: ウィリアムズのパフォーマンスエンジニアリング責任者であるロブ・スメドレーは閉鎖型のコックピットが"きわめて簡単に実装できる"だろうと述べた。

  • 日本GP
  • 誰も責められないとモズレー
  • 2014年10月7日: 元FIA会長のマックス・モズレーがジュール・ビアンキのクラッシュは"異様な事故"であり、コースオフィシャルが責めを負うべきではないと話した。

  • ジュール・ビアンキ
  • ビアンキ、"重篤だが安定した"状態
  • 2014年10月7日: マルシャのジュール・ビアンキは三重県内の病院で"重篤(じゅうとく)だが安定した"状態にあるという。

  • 日本GP
  • FIAの運営を支持するバトン
  • 2014年10月6日: ジェンソン・バトンは難しいコンディションで行われた日本GP決勝でFIAは"本当によくやった"と考えている。

  • マルシャ
  • マルシャ、ビアンキへのサポートに感謝
  • 2014年10月6日: ジュール・ビアンキ(マルシャ)が病院へ搬送されて手術を受けてから一晩があけ、チームは無事を祈るファンらに感謝の言葉を伝えた。

  • 日本GP
  • ビアンキの無事を祈る仲間たち
  • 2014年10月5日: F1ドライバーたちは日本GP決勝で深刻なけがを負ったジュール・ビアンキ(マルシャ)の無事を祈っている。

  • 日本GP
  • FIAの判断は正しかったとラウダ
  • 2014年10月5日: 後から振り返っての判断を抜きにすれば、日本GP決勝は正しく運営されたとメルセデス非常勤会長のニキ・ラウダは考えている。

  • ジュール・ビアンキ
  • ビアンキは救急車で病院へ
  • 2014年10月5日: 日本GP決勝レースでアクシデントに見舞われたジュール・ビアンキは鈴鹿サーキットから救急車で病院に搬送された。

Top of the Page上へ