日本GP

/ News

  • 日本GP - 決勝

ベッテル優勝! 可夢偉が母国で初表彰台!

ESPN Staff
2012年10月7日
スタート直後の混乱 © Press Association
拡大
関連リンク

開場50周年を迎えた鈴鹿サーキットに6人のチャンピオンを含む12チーム24名のドライバーが集結し、7日(日)15時から2012年FIA F1世界選手権第15戦日本GP決勝が行われた。

サーキットは全長5.807km、決勝レースは53周で行われる。DRSゾーンはメインストレートの1カ所に設定されたが、昨年より20メートル短縮された。ピレリはソフトコンパウンド(オプション)とハードコンパウンド(プライム)を鈴鹿に持ち込んでいる。

土曜日に行われた予選ではレッドブルのセバスチャン・ベッテルが4年連続のポールポジションを獲得。チームメイトのマーク・ウェバーが2番手につけ、レッドブルRB8がフロントローを占めた。

3番手に入ったのはマクラーレンのジェンソン・バトンだったが、ギアボックス交換のために5グリッド降格のペナルティを科されて8番グリッドに。これによって予選4番手の小林可夢偉(ザウバー)は3番グリッドから母国グランプリをスタートする。

予選10番手だったフォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグもギアボックス交換により5グリッド降格されて15番グリッドにつく。また、13番手のミハエル・シューマッハ(メルセデス)はシンガポールGPでジャン-エリック・ベルヌ(トロ・ロッソ)に追突した一件で10グリッド降格されて23番グリッド。そのベルヌは16番手につけた予選でブルーノ・セナ(ウィリアムズ)の走行を妨害したとして3グリッド降格され、19番グリッドに後退した。

スタート時のタイヤとしてプライムを選んだのはベルヌと21番グリッドのシャルル・ピック(マルシャ)、シューマッハの3名。

レーススタート時の天候は晴れ、気温23度、路面温度32度のドライコンディションだった。シグナルオフとともに可夢偉が好スタートを切って2番手に浮上する。ウェバーはロマン・グロージャン(ロータス)と接触して大きく遅れ、スタートダッシュを決めたかに見えたニコ・ロズベルグ(メルセデス)はストップ。さらにポイントリーダーのアロンソもキミ・ライコネン(ロータス)との接触によりリタイアを強いられた。

この混乱でセーフティカーが導入され、12番手グロージャンと最後方に下がっていたウェバーが緊急ピットストップを行った。

バトン、フェリペ・マッサ(フェラーリ)、そして15番手スタートのヒュルケンベルグらが大きくポジションを上げ、隊列はベッテル、可夢偉、バトン、マッサ、ライコネン、ペレス、ルイス・ハミルトン、ヒュルケンベルグ、パストール・マルドナド(ウィリアムズ)、でダニエル・リカルド(トロ・ロッソ)のトップ10に落ち着いている。

レースは3周目に再開。ペレスがライコネンに並びかけるもコースを外れ、後ろから来たハミルトンに先行された。しかし、ハミルトンに代わって来季のマクラーレン入りが決まっているペレスは6周目にハミルトンからポジションを取り戻している。

スタートで接触したウェバーとグロージャンは審議対象となり、グロージャンにストップ・アンド・ゴーのペナルティが科され、グロージャンは8周目にこれを消化した。

序盤のトップ集団では3番手バトンとマッサ、5番手ライコネンとペレスのギャップが1秒以内だった。ライコネンはスタート直後のアロンソとの接触でウイングに軽いダメージを負うも、大きな問題には至らず走行を続けている。

14周目にバトンとライコネンがタイヤ交換へ向かう。フォース・インディアは8番手を走っていたヒュルケンベルグと13番手だったディ・レスタを同じ周回でピットへ入れた。

2番手の可夢偉は続く15周目にピットインし、バトンの前で隊列に戻ることはできたものの、18周目にベッテルとマッサがピットストップを実施した際にマッサに先行されてしまった。マッサと可夢偉の差は2.2秒。可夢偉の後ろに構えるバトンは無線でギアボックスのトラブルをチームに訴えている。

この頃には上位勢のほとんどが1回目のタイヤ交換を終えていた。7番手を走るペレスは再びハミルトンをかわそうと19周目のヘアピンでアタックするも、体勢を崩してコースオフを喫し、グラベルにつかまってしまう。これで一時的にイエローフラッグが振られた。

ペレスの脱落により上位勢のオーダーはベッテル、マッサ、可夢偉、バトン、ライコネン、ハミルトン、ヒュルケンベルグ、マルドナド、ウェバー、リカルドに。ほぼ全員がハードに履き替えていたが、トップ10ではマルドナドとリカルドがソフトタイヤだった。21周目にはスタートでロズベルグに接触したブルーノ・セナ(ウィリアムズ)にドライブスルーペナルティが科されている。

マッサは早々に離脱してしまったアロンソの選手権争いをサポートしようとプッシュするものの、ベッテルがそれを寄せ付けず、2人は1分38秒台をキープして10秒差のまま周回を重ねる。可夢偉は25周目の段階でマッサの3.4秒後方となっていた。

27周目、ポイント圏内までポジションを戻していたウェバーが先陣を切って2回目のピットストップに向かう。また、23番手スタートのシューマッハは少しずつ前進し、ポール・ディ・レスタ(フォース・インディア)をかわして11番手に浮上した。

4番手バトンと6番手ハミルトンは一時的にペースが落ちていたが、レースの中盤にかけて速さを取り戻す。可夢偉とライコネンがマクラーレン勢に迫られることとなり、5番手ライコネンは30周目にタイヤ交換を行った。

32周目には可夢偉、ハミルトン、ヒュルケンベルグがピットへ。コースへ復帰したハミルトンはターン1でライコネンのサイドに飛び込み、そのまま前へ出た。一方、5番手で隊列に戻った可夢偉は前を行くマルドナドがピットストップへ向かうと先行するバトンを追いかけ始める。

1ストップのままコースにとどまっていたベッテル、マッサ、バトンのトップ3からは36周目にバトン、37周目にマッサ、続いてベッテルがピットストップを実施。ポイント圏内にはベッテル、マッサ、可夢偉、バトン、ハミルトン、ライコネン、ヒュルケンベルグ、マルドナド、ウェバーの順で10名が並び、あとはコース上でのバトルが残されるのみとなった。

トップを行くベッテルはマッサを18秒後方に引き離し、脅かすライバルのない状態でチェッカーフラッグを目指す。速いペースのバトンが2秒以内の位置から徐々に迫ってくる可夢偉は自己ベストを更新しながらポジションを守るための激しくも静かな戦いを続けていた。

後方では7番手ヒュルケンベルグがライコネンの1秒以内を維持。さらに今季をもっての引退を日本で発表したシューマッハが、夕暮れせまる鈴鹿で最後のポイントをもぎとろうと10番手リカルドを追い続ける。

ファイナルラップでついにバトンは可夢偉の1秒後方につけ、DRSを使ってその差をさらにつめる。しかし、トップチェッカーに歓喜を爆発させるベッテルと2010年以来の表彰台を達成したマッサの後ろからフィニッシュラインを横切ったのは最後まで初表彰台を守りきった可夢偉だった。

ベッテル、マッサと共に可夢偉が鈴鹿の表彰台に上り、可夢偉コールの起こる母国の大観衆から割れんばかりの祝福を受けている。

4番手以降はバトン、ハミルトン、ライコネン、ヒュルケンベルグ、マルドナド、ウェバー、リカルドまでがポイントを獲得。

11番手のシューマッハからディ・レスタ、ベルヌ、ブルーノ、ヘイキ・コバライネン(ケータハム)、ティモ・グロック(マルシャ)、ヴィタリー・ペトロフ(ケータハム)、ペドロ・デ・ラ・ロサ(HRT)がチェッカーを受け、グロージャンは19位完走扱いとなっている。

F1サーカスは休む間もなく次の舞台、韓国へ向かう。第16戦韓国GP最初のセッションである金曜フリー走行1回目は12日(金)10時にスタートする予定だ。

© ESPN Sports Media Ltd.