日本GP

/ News

  • 日本GP - 土曜フリー走行

ベッテルがリードでレッドブル1-2

M.S.
2012年10月6日
終盤にトップタイムを記録したベッテル © Sutton Images
拡大
関連リンク

世界のファンとドライバーに愛される鈴鹿サーキットにて、6日(土)11時から2012年FIA F1世界選手権第15戦日本GP土曜フリー走行が実施された。

初日の金曜日に2回実施されたフリー走行では1回目のセッションで1分34秒507を記録したジェンソン・バトンとルイス・ハミルトンのマクラーレン勢が上位を独占し、3番手にレッドブルのマーク・ウェバーが続いた。午後のセッションではそのウェバーが1分32秒493でトップに立ち、ハミルトンとセバスチャン・ベッテル(レッドブル)が2番手、3番手に続いている。

土曜フリー走行スタート時の天候は晴れ、気温24度、路面温度35度のドライコンディションだった。ピットレーンがオープンになると初日はKERSのトラブルで走行時間が削られてしまったキミ・ライコネン(ロータス)を先頭に各車コースへと向かう。

全車がインストレーションラップを完了し、ライコネンと同様に初日の作業が限られたメルセデス勢からタイム計測が始まった。まずはニコ・ロズベルグが1分35秒169をマークしてピットへと戻り、一人コースにとどまったシューマッハはライバルたちが合流する中で1分34秒フラットを刻んでいる。

シューマッハが最初の走行を終えてガレージへ向かう頃にはプログラムを開始するマシンでコース上は混みあった。開始から20分でウィリアムズのパストール・マルドナドが1分34秒台の壁を突破。続いてハミルトン、バトン、ウェバーがマルドナドのタイムを上回った。

他の陣営がプログラムを進めるのを横目に、フェラーリが動き出したのはセッションが中盤にさしかかってから。最初にコースインしたライコネンも3周を走ったのみでタイムを残していなかった。

予選前最後の60分が半分ほどを消化したところで、ベッテルがハミルトンに0.354秒差の1分33秒215を刻んでタイムシートの頂点に浮上。この頃にはほとんどのドライバーがいったんガレージに引き上げており、遅れて始動したフェルナンド・アロンソとフェリペ・マッサに加え、シューマッハとティモ・グロック(マルシャ)のみが周回を重ねている。

マッサとアロンソは7番手と8番手タイムを記録。セッションが後半に入ってライコネンも観客の前に姿を現したものの、タイムを計測せずにピットへと戻っていった。

残り20分頃にはオプションのソフトコンパウンドに履き替えるマシンでコースが再び賑わいを見せ始める。ロズベルグが5番手に浮上してベッテル、ハミルトン、バトン、ウェバー、ロズベルグのトップ5となったところで、ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)がデグナーの2つ目で飛び出し、ウオールに衝突。本人にケガはない様子で、マシン撤去のためにイエローフラッグが振られている。

数分でイエローフラッグが解除されるとオプションに履き替えたシューマッハが1分32秒台のセッション最速タイムをたたき出した。ライコネンもようやくタイムを計測し、ひとまずは18番手につけてガレージへ帰還している。

残り時間10分の時点で上位に並んでいたのはシューマッハ、ベッテル、ポール・ディ・レスタ(フォース・インディア)、ハミルトン、ウェバーの5名。ベッテルとディ・レスタ、ヒュルケンベルグ、ロズベルグの4名を残し、他の面々は最後の走行に備えてピットに戻っていた。

セッション終盤にはストップしたヒュルケンベルグを除く全員がコース上での作業へと繰り出し、自己ベストを更新しようと懸命にプッシュした。タイムシートのオーダーは激しく入れ替わり、レッドブルコンビがシューマッハのタイムを上回る。

そのまま1分32秒136を計測したベッテルがトップに立った状態でこのセッションは終了した。チームメイトのウェバーが0.235秒差の2番手につけている。

チェッカーフラッグの直前にマッサが3番手へ飛び込み、4番手以降シューマッハ、セルジオ・ペレス、小林可夢偉(共にザウバー)、ロマン・グロージャン(ロータス)、バトン、ディ・レスタまでがトップから1秒以内。続くマルドナドがトップ10に入った。

ランキング上位のアロンソ、ライコネン、ハミルトンが11番手から13番手に並んでいる。

日本GP予選はこのあと14時スタート予定。予選もお楽しみに!

© ESPN Sports Media Ltd.